エクステリア工事はどこのメーカーがいいの?

ホームセンターには、いろいろなメーカーのエクステリアの製品が販売されています。

自宅のエクステリア工事を手掛ける際には、どこのメーカーの製品を採用したらいいのか迷ってしまいませんか?

エクステリアのメーカーについて探っていきましょう。

【こちらの関連記事もご覧ください】

そもそもエクステリア工事って何?

エクステリア工事(Exterior Construction)は、外構工事とも呼ばれるもので、建物以外の外部工事全般を指します。

エクステリア工事には具体的にどのようなものがあるのかざっと並べていきましょう。

  •  門、門柱、門扉……これらに付属する品としてポスト、表札、宅配ボックスなどがあります。
  •  アプローチ……門から玄関までの舗装
  •  塀、フェンス……化粧ブロック積、フェンス設置、垣根設置
  •  駐車スペース……駐車場扉、ガレージ、カーポート、自転車置場屋根、車止め、車庫ミラー
  •  デッキ、テラス……ウッドデッキ、サンルーム、オーニング、パラソル
  •  物置
  •  照明……玄関灯、門灯、アプローチ照明

エクステリア工事は、かつては現場に建築資材を搬入して、現場で製作から組み立てまでを行っていました。

しかし現在では、メーカーが製作した既製品を現場に搬入して、設置する方法が主流になっています。


エクステリア工事に関わるメーカーは?

エクステリア工事に深く関わる製品にはどのようなメーカーが関わっているのかご紹介していきましょう。

門、門柱

門柱は一時期化粧コンクリートブロック製のものが多かったのですが、近年ではアルミニウム製のものが増えてきました。

表札、インターホン、ポスト、宅配ボックスなどの多機能な製品が人気になっています。

門の形態は次のようなタイプに分類できます。

  1.  ポールタイプ……最もシンプルなタイプです。アルミ製や木製の柱に照明、ポスト、表札、インターホンが取り付けられています。オープン外構に用いられ、ポール門柱と呼ばれます。
  2.  壁柱タイプ……独立した壁柱に門の機能を取り付けたもので、機能門柱と呼ばれます。
  3.  小壁タイプ……ブロック積、レンガ積、タイル、塗り壁仕上げの壁に門の機能を取り付けたものです。
  4.  門柱タイプ……従前から作られていたタイプの門柱で、化粧コンクリートブロックや石柱で築きます。扉の支柱としても機能します。

(株)トーシンコーポレーション

Unムーン500

半月を彷彿される曲線のフォルムが美しい門柱です。

本体はガラス繊維強化セメント製で、複層左官材トラバーチン風仕上げです。

背面には鉢植えが置けるように棚が設けられています。

(株)ナスタ

KS-GP10A



LED照明、インターホン、ポストに加えて、小型宅配ボックスがセットされているのが特徴です。

小型宅配ボックスは暗証番号を入力することで、不在の場合でも宅配や書留の受け取りが可能です。

また宅配を発送したい場合には、宅配ボックスに送りたい荷物をセットしておけば、後刻宅配業者が解錠して配送の手配をしてくれます。

塀、フェンス

塀やフェンスは、敷地の境界を他者に分かりやすく表示するもので、これにより無断で敷地への侵入することを防ぐ効果があります。

従前は、庭の様子が窺いしれないコンクリートブロック塀が主流でしたが、近年では開放的なフェンスが人気になっています。

またコンクリートブロックを使用する場合でも、素地をそのまま見せる方法は姿を消して、現在は化粧仕上げのものが主流になっています。

エスピック(株)

デュアル

エスピック(株)は多種多様なコンクリートブロック製品を売り出しているメーカーです。

「デュアル」は隣り合うブロックの模様や色を異なるものにしているので、塀に用いると、とても印象的な仕上がりになります。

(株)ユニゾン

カペラ

(株)ユニゾンは環境に配慮したエクステリアメーカーとしての実績があり、デザイン性に優れたコンクリートブロックを生産しています。

「カペラ」はエッヂの利いたリブデザインが特徴的な化粧コンクリートブロックです。

(株)タカショー

エバーアートフェンス

(株)タカショーは自然との共生をテーマとしたエクステリア製品を作り出しています。

家庭の庭に自然にマッチする製品が多く「エバーアートフェンス」もアルミ製でありながら、木調を醸し出してフェンスになっています。

オーニング

日射しをカットすることで、外気温を和らげるオーニングは、日射しの高さに合わせて角度が調整でき、不要な時には収納できます。

エクステリアにはなくてはならない商品のひとつです。

シュミッツ社(ドイツ)

マルキックス2200

マルキックスは、ドイツ最大のオーニング・キャンバスメーカーであるシュミッツ社が製作するオーニングのブランドです。

(株)タカノ

自立型 木かげ

壁を傷つけない自立型、手動式のオーニングです。ワンタッチで開閉ができるので、とても手軽に扱えます。

車庫・ガレージ

車庫・ガレージは、三方が壁に囲まれ、出入り口がシャッターになっています。

車の保管庫として有効に活用できます。

稲葉製作所(株)

ガレーディア [GRN-3142S]

稲葉製作所(株)は物置の製造で有名な会社です。

鋼製物置と合わせて、組み立て式ガレージも製造しています。

シャッター付なので、防犯上安全に使用できます。

(株)淀川製鋼所

ヨドガレージ ラヴィージュ VGBU-2659H

(株)淀川製鋼所はヨドコウの名で知られる鋼製物置のメーカーです。

組み立て式ガレージも製造販売しています。

【こちらの関連記事もご覧ください】

  1. 門扉選びで失敗しないためには?門扉の種類と特徴、価格の目安などをご紹介!
  2. 庭にドッグランを作りたい!その方法と費用をご紹介
  3. ウッドデッキに柵を取り付けたらどうなる?メリットや費用、種類をご紹介

外構工事をお得にする方法

「ガレージ施工は専門業者へ相見積りを取ろう」

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう


エクステリア製品が多いのはどこのメーカーなの?

ここまでは個別に紹介してきましたが、総合的にエクステリア商品を製造販売している会社はどのようなメーカーがあるのか紹介していきましょう。

YKKap

アルミ建具のメーカーとして成長したYKKapは、エクステリア製品も幅広く製造しています。

  •  車関係……カーポート、自転車置き場、収縮ゲート、電動シャッター、車止め
  •  門扉・フェンス回り……門扉、フェンス、電気錠付き門扉、立垣、グリーンブリック
  •  玄関回り……独立型ポスト、インターホン、宅配ボックス、階段手摺
  •  テラス回り……テラス囲い、テラス屋根、木製テラス屋根、パネル付き屋根、ウッドデッキ。デッキフェンス、サンルーム、濡れ縁、縁台

アルミの型材が豊富なため、アルミ材を使用したエクステリア商品のバリエーションの豊富さは、他社の追随を許しません。

(株) LIXIL

株式会社LIXILの前身は、「トステム」「INAX」「新日軽」「サンウエーブ」「TOEX」の各社です。

鋼製建具、衛生機器、流し台などいずれも住宅の部材として欠かせないものを扱ってきました。

その LIXILが、エクステリアにおいても、大きく実績を残しています。

主に次のような商品を取り扱っています。

  •  門回り……門扉、ポスト、機能門柱、表札、門柱、インターホン、照明、タイル
  •  フェンス回り……フェンス、立垣、スクリーン、手すり
  •  駐車場回り……カーポート、駐輪場、シャッター、伸縮門扉、跳上門扉、引き戸、車止め
  •  テラス回り……テラス屋根、テラス囲い、サンルーム、オーニング、デッキ、ガーデンファニチャー
  •  その他……アルミタラップ、アルミ階段

四国化成工業(株)

香川県に本社を置く化学工業メーカーですが、内装壁材やエクステリア製品の製造・販売も行っています。

  •  駐車場回り……カーポート、伸縮門扉、引き戸、跳上門扉、シャッター
  •  門回り……門扉、フェンス、宅配ボックス、ポスト、表札
  •  テラス回り……テラス、デッキ、貯水タンク

エクスエリアまとめ

ここまでエクステリア工事に関するメーカーについて説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

総合的に扱っているメーカーは、用途に応じたシリーズ商品が多彩にあることから、自分の目的に合った商品を見つけやすい傾向にあります。

またカタログが充実している点も消費者にとってはありがたいところです。

一方で専門的な部材を扱っているメーカーは、特化しているだけに、製品へのこだわりや開発意欲も強く、思わぬ良品に出会える可能性があります。

ライフスタイルにあった商品をじっくりと選んで、我が家のエクステリアを楽しみましょう。

【こちらの関連記事もご覧ください】