【庭の外構】外灯を取り付けたい!おすすめの場所を紹介

【庭の外構】外灯を取り付けたい!おすすめの場所を紹介

庭の外溝で外せないのがライトです。ライトといってもいろんな種類がありますが、外灯を取り付けるのもおすすめです。

今回は庭の外溝に外灯を取り付ける際に、おすすめの場所をご紹介します。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

庭の外溝で取り付ける外灯とは?

外灯

まずは庭の外溝で取り付ける外灯について詳しく説明します。どのような目的で取り付けるのか、どのように設置するのかをご紹介します。

外灯は防犯や安全とおしゃれのための照明器具

外灯は『エクステリアライト』とも呼び、屋外を照らす照明器具全般を意味します。夜になってから家を明るく照らすために取り付けますが、おしゃれな外溝としても使用します。

夜になると庭は暗くなりますし、もし屋内から足を踏み入れるとなると足元も暗くて危険です。そこで外灯を取り入れることで、夜も安心して庭に出ることができます。

また屋内から庭を見た時にも、おしゃれにライトアップすれば昼間とは違った素敵な空間が楽しめます。

外灯にはいろんなデザインのさまざまな種類があるので、おしゃれに演出するために工夫する楽しみもあるでしょう。

庭に外灯を取り付ける際のポイント

外灯は暗い庭を明るくするため、防犯や安全確保の役割を担います。それと同時に庭をおしゃれに演出する目的もあります。

そこでまず大切なことは、明るくしすぎないということです。夜に眩しいほど庭を照らすと、近所迷惑にもなりかねません。やさしく照らす程度に、心地よさを感じるように取り付けるのがポイントです。

そしてもうひとつ、外溝工事が終わったあとで外灯を取り付ける場合は配線工事が必要になります。しかし庭に取り付ける外灯はさまざまな場所に点在するので、配線の処理が大変です。

そこでソーラー式の外灯を取り付ければ、配線の必要がなくなります。好きな場所に自分で簡単に外灯を取り付けることができるでしょう。

庭の外溝に取り付ける外灯の高さはどのくらい?

外灯といえば、高さがあるものを想像するのではないでしょうか。たとえば公園などに設置されている外灯は3メートルほどの高さがあります。

庭の外溝に取り付ける外灯の場合には、そこまでの高さは必要ありません。特に外溝フェンスを飛び出すほどの高さとなると、隣の家に迷惑をかけることにもなりかねません。

また庭の外溝に取り付ける外灯はさほど強い明かりは必要ないので、高さを上げてしまうと足元が暗くなります。その点も踏まえて、高さを考える必要があります。

庭に取り付ける外灯の種類

外灯にはいろんなタイプがありますが、多くみられるのは『ポール照明』と『ブラケット照明』です。

ポール照明は地面に立てて使用するポール型の外灯です。明かりは上部から下にかけて照らすことになるので、アプローチを明るく照らすのにも向いています

。取り付けは埋め込み式であれば、自分でも簡単に行えます。

一方でブラケット照明は建物の外壁や庭の壁に取り付ける形になります。ポールのような設置場所が不要なので、空間がすっきりと空くのが特徴です。

ただし取り付け工事は専門業社に任せる必要があるでしょう。

ブラケット照明の場合、そのデザインによっていろんな雰囲気を演出できる利点があります。

アンティーク調にしたりスタイリッシュな感じにしたりと、選ぶ商品によって好きなようにデザインできます。

庭の外溝に外灯を取り付ける方法

庭の外溝に外灯を取り付ける方法はいくつかあります。もっとも簡単なのは、ソーラーライトを地面に埋め込む方法です。

ソーラーライトはソーラーパネルを内蔵しているので、配線の必要がありません。そのため、好きな場所にどこでも設置できます。

次に取り付ける方法としては、ブラケット照明を壁面に設置するやり方があります。

こちらは差し込み式とは違って、簡単にというわけにはいきません。また一度設置すると、そう簡単には付け替えることができないので注意が必要です。

ソーラーライトであれば電源の確保は不要ですが、12ボルトの電源を必要とする外灯は配線工事が必要になります。まずは屋外用のコンセントを確認しておきましょう。

建物の外壁にこの屋外用コンセントが取り付けられていると思います。

そこに100ボルトの交流を12ボルトの直流に換える変換器を取り付けます。この作業は特に電気工事士の資格が必要ないので、誰でも行えます。

その変換器に外灯の電源コードを指す形になります。電源コードはそのまま庭に這わせておくと邪魔なので、土や砂利の下に埋めておきましょう。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

庭の外溝に外灯を取り付けるメリット

メリット

庭の外溝に外灯を取り付けるメリットはいくつかあります。まず夜の暗い中で足元を明るく照らすことで、安全を確保できます。

また暗い中に不審者が侵入することを防止する、防犯の役割も担います。

さらに家の中から庭を見た時に、ほのかに明るく照らした様子が幻想的に見えます。夜の庭を見て楽しむことができるのも、外灯を取り付けるメリットと言えるでしょう。

////

地元の優良企業で「満点」の外構工事をする方法

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、住宅エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう


庭の外溝で外灯を取り付けるおすすめの場所

外灯

それでは庭の外溝に外灯を取り付けるおすすめの場所をご紹介します。

庭の中の小道

庭に小道を作っている場合には、その道の両側に外灯を設置するのがおすすめです。ある程度の間隔を開けて外灯を取り付ければ、夜でも安全に歩くことができます。

また庭の小道に沿って照らされた灯りを見ているだけでも癒されます。家の中から見て楽しむこともできるでしょう。

花壇の植栽の中

花壇の中に外灯を取り付けるのもおすすめです。上から植栽を照らすことにより、地面にはその影が映し出されます。

その様子は何とも幻想的な雰囲気になるので、見て楽しめると思います。

植物の高さに応じて、外灯の高さも調節するとよいでしょう。樹木があれば、少し高めの外灯で照らすとよいかもしれません。

フェンス壁

フェンス壁にブラケット型の外灯を取り付けるのもおすすめです。庭を周りから明るく照らせるのが利点となります。

フェンス間際の植栽や、フェンスに取り付けた植物をライトで照らすとさらに雰囲気が高まるでしょう。

あるいはガーデンテーブルやチェアを置いて、夏の夜にディナーなどというのも素敵です。南国リゾートのような雰囲気を演出することもできるでしょう。

フェンス間際にはブラケット型ライトのほかに、スポットライトを取り付けるのもありです。下に向けて照らすことで、植栽をより綺麗にライトアップできるからです。逆に上向きに照らすと、ラグジュアリーな雰囲気を演習できます。

あるいはポール型の外灯を埋め込むのも、手軽に取り付けられる点でおすすめです。

ウッドデッキ

庭のウッドデッキも外灯をうまく取り入れると、おしゃれに演出できます。

ウッドデッキの周りに植栽を植えて外灯でライトアップすれば、まるでレストランのテラス席のような素敵な空間になります。

家の中から眺めるのもよいですし、夏場はテラスで食事なんていうのもよいですね。

外構、造園業者が5つのステップで元請けになる方法

次のページを見れば、元請けとして個人客を集客し、元請けとして仕事をして、自分の会社の仕事は自分で100%コントロールする、その方法を記載しています。

>>職人でもできるオンラインで個人のお客さんを集める秘訣


まとめ

庭の外溝には外灯を取り入れると効果的な場所が多くあります。選べる外灯の種類もさまざまですし、取り付け方によってもいろんな雰囲気を演出できるでしょう。

【こちらの関連記事もご覧ください】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。