【メーカー別】カーポートの価格と種類、特徴が知りたい

カーポートというと、どのようなデザインを思い浮かべますか。

写真のような一般的によく設置される片側に2本柱がある1台用の基本タイプであったり、両側に柱がある2台用のワイドタイプを思い浮かぶのではないでしょうか。

では、カーポートの価格はどのようになっているのでしょうか?

どんなデザインがあるのだろうか、大きな買い物なので慎重になりますよね。

住宅と統一感のあるデザインや性能、価格が納得できるカーポートが見つかるためにメーカーのランキングや各メーカー製品の特長、メーカー別での価格比較をまとめてみました。

【こちらの関連記事もご覧ください】

メーカーランキングと製品の特長

各メーカーの特徴とメリットをご紹介します。

1位:LIXIL 

国内シェアNO.1。

バリエーションが豊富であるため、対応力がすごい!

迷ったらLIXILと言われるほど商品バリエーションが豊富です。

また、形状(タイプ)、サイズ、柱の高さ、屋根材の種類や色、アルミ色、木目調カラーの数もたくさんそろっています。

さらに道路にカーポートが飛び出たり、建物に干渉する場合には、カーポートの屋根をまっすぐ切断する以外に斜めやコーナーに切断できます。

敷地に応じてベストな形に対応できる、対応力の強さと様々なデザインの商品数の多さからLIXILが一番多く選ばれています。

2位:三協アルミ 

かっこよさで選ぶなら断然三協アルミ。

開放感と風を感じるエアロシェードや芸術品のようなスリムな構造のMシェードを始めとして、性能はもちろんのことデザインが圧倒的にかっこいい。

これだけで主役級であり、どの住宅とも調和してくれます。

また、他メーカーには存在しない背面側にのみ柱のあるカーポートがあります。

柱の位置を斜めにしたり、前後大きく移動が可能であり、様々なタイプが選べるためオリジナリティが出せます。

こだわりを求めるのであれば三協アルミをおすすめします。

3位:YKK 

コストパフォーマンスが最高。

品質はリクシルと同様、価格はリクシルより多少安価に購入できます。

サイズも豊富にあり、マテリアルカラーを選択できる商品も揃っています。

また、耐雪が20㎝相当と50㎝相当のポリカ屋根でのカーポートを揃えているため、雪の多い地域でのカーポート設置においても複数の商品から選択が可能です。

カスタムしない、色もアルミ色でいいから価格を抑えたいという方にはおすすめのメーカーです。


価格をメーカー別に比較してみました

デザインと同様に大切になってくることが価格です。

駐車場スペースだけを施工するのではなく、敷地全体を施工していくため気になるところです。

よく売れている一般的な商品や駐車スペースを広く使える商品、耐雪に強い商品、かっこいい商品を設置数の割合が多い2台用カーポートでの価格を比較してみました。

1.リクシル

①一般的によく選ばれているカーポート

『フーゴ』・・・耐雪20㎝相当、風圧強度42m/秒

  • フーゴRワイド・・・¥576,500
  • フーゴFワイド・・・¥688,400
  • フーゴFプラスワイド・・・¥768,300(マテリアルカラー追加+¥41,200)
フーゴR レギュラー

引用:LIXIL

 

『ネスカ』・・・耐雪20㎝相当、風速強度38m/秒

  • ネスカRワイド・・・¥560,000
  • ネスカFワイド・・・¥665,900 (算定基準:54-54型 ロング柱 ポリカ屋根 アルミ色)

②駐車スペースを広く使えるカーポート

『アーキフラン』・・・耐雪20㎝相当、風圧強度38m/秒

  • アーキフランワイド・・・¥955,000(マテリアルカラーの場合・・・¥975,000)(算定基準:52-58型 ロング柱 ポリカ屋根 アルミ色)

③耐雪に強いカーポート

『ウィンスリーポートⅡ』・・・耐雪30~200㎝、風圧強度46~54m/秒

  • ウィンスリーポートⅡ 900タイプ 遮光タイプ ペフなし・・・¥704,300
  • ウィンスリーポートⅡ 900タイプ 採光タイプ 3山ポリカ・・・¥1,179,700
      マテリアルカラー追加・・・+¥96,400
    (算定基準:55-55型 ロング柱 角柱 アルミ色)

『ソルディーポート』・・・耐雪50~150㎝相当、耐風強度46~54」m/秒

  • ソルディーポート 1500タイプ・・・¥852,000(マテリアルカラー追加・・・¥37,500)
    (算定基準:54-57型 ロング柱 ポリカ屋根 アルミ色)

④かっこいいカーポート

『カーポートSC』・・・耐雪20㎝相当、耐風強度42m/秒

  • カーポートSCワイド・・・¥1,233,000
    (算定基準:54-57型 ロング柱)

2.三協アルミ

①一般的によく選ばれているカーポート

『U.スタイルⅡ』・・・耐雪20㎝相当、耐風強度38m/秒~

  • U.スタイルⅡ 基本納まり、桁取り付けタイプ・・・¥776,000
      (算定基準:5254 H26柱 ポリカ屋根 アルミ色)

『スカイリード』・・・耐雪20㎝相当、耐風強度38m/秒~

  • スカイリード 両側支持タイプ 基本・・・¥654,600(マテリアルカラー追加+¥21,000)
      (算定基準:5454 H25柱 ポリカ屋根 アルミ色)

『カムフィエース』・・・耐雪20㎝相当、耐風強度38m/秒~

  • カムフィエースワイド 基本・・・¥577,100
      (算定基準:5754 H25柱 ポリカ屋根 アルミ色)

②駐車スペースを広く使えるカーポート

『ダブルフェース』・・・耐雪20㎝相当、耐風強度38m/秒~

  • ダブルフェース 2台用 基本・・・¥940,200(マテリアルカラー枠の場合¥948,800~)
      (算定基準:59-54 H24柱 ポリカ屋根 アルミ色)

画像はこちらからご覧ください

『フォーグ』・・・耐雪20㎝相当、耐風強度38m/秒~

  • フォーグワイド 2台用 基本・・・¥933,500(マテリアルカラーの場合¥937,700)
      (算定標準:58-54 H23柱 ポリカ屋根 アルミ色)

③耐雪に強いカーポート

『G-1ss/G-1』・・・ss:耐雪20,50㎝相当/G-1:100~200㎝相当、耐風強度46m/秒

  • G-1ssスタンダードタイプ2台用 基本・・・¥665,200
  • G-1 2台用 基本・・・¥850,200(マテリアルカラー追加+¥94,800)
      (算定基準:5555 H25柱 角柱 アルミ色)

④かっこいいカーポート

『エアロシェード』・・・耐雪20㎝相当、耐風強度38m/秒~

  • エアロシェード 2台基本タイプ・・・¥1,670,000
     (算定基準:5458 H26柱 ポリカ屋根 アルミ色)

『M.シェード』・・・耐雪20㎝相当、耐風強度38m/秒~

  • Mシェード 基本両支持タイプ・・・¥1,247,900
     (算定標準:5454 H26柱 ポリカ屋根 アルミ色)

3.YKK

①一般的によく選ばれているカーポート

『レイナポート』・・・耐雪20㎝相当、耐風強度38m/秒

  • レイナツインポート 基本・・・¥555,400
      (算定基準:54-54H ハイルーフ ポリカ屋根 アルミ色)

『レイナポートグランZ』・・・耐雪20㎝相当、耐風強度42m/秒

  • レイナツインポートグランZ 基本・・・¥722,000
      (算定基準:57-54H ハイルーフ ポリカ屋根 アルミ色)

『エフルージュ』・・・耐雪20㎝相当、耐風強度42m/秒

  • エフルージュツイン 基本・・・¥706,000
      (算定基準:54-54H ハイルーフ ポリカ屋根 アルミ色)

②駐車スペースを広く使えるカーポート

『エフルージュEX』・・・耐雪20㎝相当、耐風強度42m/秒

  • エフルージュツインEZ 基本・・・¥1,019,400
      (算定基準:54-54H ハイルーフ ポリカ屋根 アルミ色)

③耐雪に強いカーポート

『レイナポート50』・・・耐雪50㎝相当、耐風強度38m/秒

  • レイナツインポート50 基本・・・¥940,900
      (算定基準:54-54H ハイルーフ ポリカ屋根 アルミ色)

『ジーポートNEO』・・・耐雪100~200㎝相当、耐風強度46m/秒

  • ジーポート 100㎝Aタイプ 基本・・・¥943,000(マテリアルカラー追加+¥20,100)
              Bタイプ 基本 3山ポリカ・・・¥1,375,300
      (算定基準:55-55 セミハイルーフ 横材なし 4本柱)
      ※Aタイプは屋根明かりなし、Bタイプは屋根明かりあり

④かっこいいカーポート

『エクスティアラ』・・・耐雪20㎝相当、耐風強度42m/秒

  • エクスティアラ 2台用 シャッターなしタイプ 軒天ひさし部のみ
         ・・・¥2,198,000(マテリアルカラーの場合¥2,203,200)
         (算定基準:55-57H ハイルーフ ダウンライトなし ポリカ屋根 アルミ色)

外構工事をお得にする方法

「ガレージ施工は専門業者へ相見積りを取ろう」

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう


カーポートは多種多様

カーポートには様々なデザインが存在し、敷地に合わせて対応が可能です。

選択する際にはデザイン、耐雪、耐風、価格、生活のしやすさを考慮することで納得できるカーポートに出会えるといいですね。

【こちらの関連記事もご覧ください】

  1. 【防犯性が高い】カーポートにはカーゲートを取り付けよう。種類と価格をご紹介
  2. 【費用相場は?】カーポートの本体価格と施工費は安くても合計13万円みておこう
  3. カーポートを建てるのに値段はいくらかかるの?【価格と種類】