【費用相場は?】カーポートの本体価格と施工費は安くても合計13万円みておこう

カーポート 施工費用

これからカーポートの購入を考えている人であれば「全て含めていくら位かかるんだろう?」といったお悩みをお持ちではないでしょうか?

実際に購入してから、もっと安いカーポートがあった、工事費が凄く高かったなんてことは避けたいですよね。

そのためには、事前に大体のカーポートの費用と設置工事費を知っておくことで避けることができます。

そこで、今回の記事ではカーポートの費用と設置工事費をタイプ別にご紹介したいと思います。

【こちらの関連記事もご覧ください】

代表的なカーポートの相場費用は?

カーポートは現在、非常に多くの種類があるために一概には言えませんがここでは車1台分の相場費用について説明していきたいと思います。

車1台分のカーポート本体の相場費用は基本的に10万円〜と考えて頂ければ良いと思います。

設置工事費用の相場費用は3〜5万円です。

ただ、取り付け予定位置の状況によっては5万以上になる可能性も十分あります。

例えば、柱を立てるところがコンクリートで穴を開ける必要がある、既設のカーポートがあり撤去をする必要がある、家の外壁に当たるのでカーポートの加工が必要などの標準の取り付けではない場合があるので、そこは工事業者さんに確認を取りましょう。

また、カーポート本体の価格も10万円を目安にして、屋根の素材や屋根の高さ、柱の素材によって値段が高くなっていきます。

例えば、車高が高い車種であれば屋根の高さを長くし、色が黒の車種であれば屋根の素材を断熱性の高いものにし、海が近い地域であれば錆びないようにアルミ素材の柱にするなどといったように条件にあったカーポート選びが重要になります。

ですので、カーポートの本体価格と工事費を合わせて13万以上はかかると思っておいた方が良いでしょう。


車の台数によってカーポートの費用は変わるの?

カーポートの費用は屋根の高さや素材だけでなく駐車する車の台数によっても値段が変わってきます。

ですので、車の駐車する台数が増えるにしたがって、カーポートの費用も高くなっていきます。

複数駐車出来るカーポートにも種類が多くありますが、1番多く出回っているのは2~3台駐車出来るタイプのカーポートではないでしょうか。

車1台分のカーポートの工事費も合わせた費用相場が13万円〜に対して、、車2台分のカーポートの価格相場は25万円〜で、車3台分のカーポートの価格相場は45万円〜です。

車1台分の費用と比べると価格的には役2倍の値段になり、デザインや素材によっては3倍、4倍になり100万円を超えることもあります。

ですので、車1台分のカーポートの費用と比較すると少し高く感じてしまうかもしれません。

ただ、複数台駐車出来るカーポートの場合は、車を多く駐車出来るだけでなく、車1台分のカーポートの作りに対して強度が増すというのが大きなメリットです。

一般的な車1台分のカーポートの作りは、屋根があるのに対して片方にしか柱がない場合が多いです。

しかし、車複数台駐車可能なカーポートは屋根があるのに対して両方に柱がついているタイプがほとんどです。

ですので、使われている素材関係なくカーポートの構造上、車1台分のカーポートと比較して複数台駐車出来るカーポートの方が強度が強くなります。

そういった点で考えると複数台駐車出来るカーポートは費用が高くなってしまうのも頷けるのではないでしょうか。

耐雪型のカーポートの費用は?

雪が多く降る地域では、一般的なカーポートでは雪の重みで潰れてしまいます。

そこで、雪が多く降る地域用のカーポートとして耐雪型のカーポートがあります。

一般的なカーポートに比べてより強い重みに耐えられるように作られているため、本体価格も設置工事費も一般的なカーポートの値段に比べたら高くなります。

耐雪型のカーポートも種類が多いので、こちらも一概には言えませんが、工事費も含めた費用相場は車1台分で20〜30万、車複数台分で30~60万円になります。

また、車の台数やデザインによっては60万以上になることも考えられます。

耐雪型のカーポートは一般的なカーポートに比べると多少値段は高くなってしまいますが、強度は圧倒的に耐雪型のカーポートの方が強いので、積雪量の多い地域の方には間違いなく耐雪型のカーポートがおすすめです。


その他タイプ別のカーポートの費用

カーポートの種類は様々で、大きく2つに分けられます。

1つ目は、柱の位置によって変わる、「片側支持タイプ」か「両側支持タイプ」か「後方支持タイプ」か「片側吊りタイプ」です。

「片側支持タイプ」は、屋根を片側の柱だけで支えるカーポートです。

「片側支持タイプ」のカーポートは、柱が片側にしかないため圧迫感を感じずに狭いスペースに設置することに適してます。

費用の相場は設置工事費も込みで10万円〜が相場になっております。

「両側支持タイプ」は、屋根を左右両方の柱で支えるカーポートです。

「両側支持タイプ」のカーポートは、柱が左右両方にあるため屋根を支えるのに非常に安定感があり、敷地が広いところに設置するのにおすすめです。

費用の相場は設置工事費も込みで20万円〜が相場になっております。

「後方支持タイプ」は、後方の柱のみで屋根を支えるカーポートです。

「後方支持タイプ」のカーポートは、柱が後方にあるため車ドアを開ける時に邪魔にならないため、横幅を広々と使いたい方におすすめです。

費用の相場は設置工事費も込みで35万円〜が相場になっております。

「片側吊りタイプ」は、屋根を柱の上から吊って支えているカーポートです。

「片側吊りタイプ」は「片側支持タイプ」と同様に、片側にだけ柱があるタイプです。

「片側支持タイプ」との違いは、支柱の上部から屋根の端を吊っているため安定感が増しているので、「片側支持タイプ」より安定感を求める方におすすめです。

費用の相場は設置工事費も込みで35万円〜が相場となっております。

2つ目は、屋根の形が「アーチ屋根」か「フラット屋根」です。

「アーチ屋根」は屋根の形が曲線になっているタイプのカーポートです。

「アーチ屋根」は屋根がアーチ状になっているため、見た目にやわらかさを感じれるために可愛い雰囲気を出したい方におすすめです。

費用の相場はアーチ屋根によって値段が大きく左右されることはないので標準価格の中に含まれているという認識で大丈夫です。

「フラット屋根」は屋根の形がまっすぐなタイプのカーポートのことです。

「フラット屋根」は屋根に曲線がなくまっすぐなため、見た目にカッコよさを感じれるためにスタイリッシュな雰囲気を出したい方におすすめです。

カーポートの費用と設置工事費用のまとめ

カーポートの費用と設置工事費用は、カーポートの素材や形状、設置場所の状況、住んでいる地域によって大きく変わってきます。

カーポートの購入を検討されている方は駐車する車の特徴と設置予定場所の広さ、住んでいる地域の天候など、今回ご紹介させて頂いたことを参考に自分の目的にあった商品の購入をして頂ければと思います。

また、カーポート設置の際は予期せぬトラブルが起こることもあります。

設置工事業者さんにお見積もりをしてもらうとより明確な金額がわかり、トラブルも事前に把握することができますので、より納得のできる商品の購入ができるのではと考えております。

【こちらの関連記事もご覧ください】

  1. 【メーカー別】カーポートの価格と種類、特徴が知りたい
  2. 車庫を作るのにいくらかかる?【車庫の値段】
  3. 【ガレージ車庫 】どんな種類があって、その価格は?