庭師の収入ってどのくらい?

庭師の収入ってどのくらい?

庭師の収入について気になっていますね。庭師の年収の平均は、350万円~400万円程度となります。

ただし、他の業種と同様に、雇用されているのか自営業なのか、勤続年数や年齢によっても大きく異なります。

この記事では、庭師の収入や年収の目安、庭師の収入についてよくある質問をご紹介します。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

庭師の収入・年収

庭師

雇用形態別の庭師の収入や年収を、複数の求人情報サイトのデータをもとに算出しました。

また、自営業者(一人親方)の年収についてもご紹介します。

正社員

正社員の庭師の年収は、約350万円~400万円となります。

月の総支給額は25万円~30万円程度になり、月の手取り額は大体20~24万円になると考えられます。

日本人の平均年収が約430万円とされているので、庭師の年収はやや少なめな印象を受けます。

アルバイト・パート

アルバイトやパートの庭師の時給は約970円~1,000円になります。

たとえば時給990円で、1日5時間、週に4日働いている場合は、週に19,800円の収入を得る計算です。

月収に換算すると約79,000円となるでしょう。

家族の扶養に入っていて、アルバイトやパートで働いていると、年収100万円程度に抑えているケースも多いのではないでしょうか。

派遣社員

派遣社員の庭師の時給は約1,200円~1,400円になります。アルバイトやパートよりは時給が高めになるでしょう。

その代わり、雇用期限が決まっていたり、軽作業しか任せてもらえなかったりすることに注意が必要です。

自営業者

自営業(一人親方)の庭師の年収は、約600万円~800万円となります。なかには年収1,000万円を超えるケースもあります。

正社員と比較しても、自営業の庭師は収入が高めな傾向にあるのです。

そのため、独立を目指して正社員や派遣社員などで庭師をしている人もいます。

ただし、作業車の維持管理費、作業道具の購入費などの経費がかかることは理解しておきましょう。

また、自営業の場合は、自身で顧客を獲得しなければなりません。

////

庭師の年齢別の収入目安

庭師

庭師の収入や年収の平均値をご紹介しましたが、年齢によっても収入の差があります。

続いて、庭師の年齢別の収入の目安も見ていきましょう。

10~20代

10~20代の庭師の収入は、月15~20万円となります。年収は約250~270万円になるでしょう。

庭師として働き始めたばかりの頃は、先輩のサポートをしつつ仕事を覚えていく時期ですから、どうしても収入は少なめになるのです。

30代

30代の庭師の収入は、月20~25万円となります。年収は約300~330万円になるでしょう。

30代だと個人個人のスキルに差が出ている時期でもあり、頑張りによっては平均より多くの収入をもらえるケースもあります。

また、仕事に慣れてきて一人親方として独立し始める人もいるでしょう。

40代

40代の庭師の収入は月30~35万円となります。年収は約370~400万円になるでしょう。

40代では後輩を育成する立場になっているでしょうし、独立した人も顧客が増加している場合も多く、収入もそれなりにアップします。

50代

50代の庭師の収入は月35~40万円となります。年収は約430~470万円になるでしょう。

50代は管理職のような立場になっている場合もあり、庭師として収入がピークになる年代と言えます。

独立した人も顧客からの信頼を得て、依頼を安定してもらえている可能性が高いです。

60代~

60代の庭師の収入は月20~25万円となります。年収は約300万円になるでしょう。

庭師という業種は力仕事なので、60代となると体力の衰えからこれまで通りの仕事量をこなせなくなる場合も多く、50代に比べて収入は減る可能性が高いです。

また、60代となると定年退職をする人もいるので、平均年収は大幅に下がります。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

地元の優良企業で「満点」の外構工事をする方法

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、住宅エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう

庭師の収入についてよくある質問

Q&A

庭師の収入の目安が分かったとしても、収入に関する疑問が残っている場合もあるでしょう。

ここからは庭師の収入についてよくある質問を3つピックアップしましたので、参考にしてください。

庭師はボーナスがあるの?

庭師のボーナスの有無は。雇用先の会社ごとに異なります。

ボーナスがある会社の場合、平均で年35万円程度のボーナスを支給しています。

ただし、ボーナスがない会社であっても、その分月収を平均より多めに設定している場合もあります。

庭師の給料は月給制?

正社員の庭師の給料は、日給月給制となっている場合が多いです。

日給月給制とは、月額の給与があらかじめ決められており、欠勤・遅刻・早退があった場合はその分が差し引かれるというものです。

日給制は働いた日数に応じて月額の給与が決まりますが、日給月給制では休んだ日数によって月額の給与が決まるという点に違いがあります。

庭師の初任給はどれくらい?

正社員の庭師の初任給は、月17万円~20万円程度となります。

庭師の平均年収が他の業種より低めなので、初任給も低めになるでしょう。

しかし、資格の取得など個人のスキルを上げることによって収入アップも見込めます。

【こちらの関連記事もご覧ください】