お庭の手入れ業者はどうやって探せば良いの?

皆さんはお庭のお手入れはどうなさっていますか?

どんどん生えてくる雑草の対処はとても骨が折れますよね。

また、植栽が予想以上に育ってしまって自分では手に負えないといったお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

高枝切り鋏や脚立などの道具はあるものの、どこから手をつけて良いかわからずに後回しにしているうちにどんどん育ってしまって途方に暮れてしまうという状況は珍しくないように思います。

「自分では対処できなくなってしまったので、プロにお願いしよう!」と思っても庭のお手入れってどんな業社さんにお願いしたら良いのかわからない…という新たな悩みにぶつかってしまう事もあるかと思います。

そこで今回は庭のお手入れについてご紹介して行きたいと思います。

【こちらの関連記事もご覧ください】

庭の手入れとは?

庭のお手入れには一体どのような項目があるのか具体的に見ていきましょう。

雑草刈り

一番気になるけど一番面倒くさいのが雑草の処理ですよね。

元気よく青々と育ってしまった雑草を目にするだけでげんなり来てしまいます。

ですが、「今度やろう」と放っておくとその間にもぐんぐん伸び続けてしまうので草刈り機や鎌などで短く刈り込むか、地道に抜いていくなどの対策が必要です。

根気と体力は必要ですが作業自体は難しいものではないので、自力でも十分に行える手入れです。

その際は適度な休憩を忘れないようにしましょう!

庭木の剪定

庭に樹木の植栽があるご家庭では時期に応じて剪定作業が必要になります。

成長を成り行きに任せてしまうと枝同士が重なってしまって日当たりや風通しが悪くなったり、害虫が発生しやすくなったりしてしまいます。

また、見た目を整えるための刈り込みも重要な手入れの一つです。

樹木は庭のシンボルにもなり目を引く存在ですので造形を整える刈り込み作業は欠かせません。

庭木の剪定は正しい知識や時期の見極めが必要になるので、詳しい方に助言してもらうか業社にお任せしてやってもらうのが良いでしょう。

高い所の作業は危険も伴いますからね。

芝生の手入れ

芝生の庭はとても綺麗で、その上に寝転ぶだけでも気持ちが良いですよね。

ですが、芝生もまた手入れが必要なのです。

雑に伸びてしまった芝生は足に引っかかり、転んでしまうリスクが高まるため安全の面でも刈り込みはかかせません。

また、青々と綺麗に成長させるためには適切な量や質の肥料を与えたり、雑草・害虫対策が必要です。芝刈り機はホームセンターでも購入出来るので、自宅の庭に芝生がある方は備えておくと良いかと思います。

手間暇をかけて整えた芝生にはより一層愛着が湧くこと間違いありません!

土壌改良

造成された庭の土が栄養不十分である場合などは植物の育成に悪影響なので肥料を与えるなどして土壌の改善を図る必要があります。

目的とする植物に応じて肥料の選定を行ったり、排水性や通気性の確保など考慮する要素がありますので詳しい人の助言や業者の手を借りる方が間違いないかと思います。

肥料はとても種類が多く、成分名などあまり耳馴染みの無い単語が多く出てくるので「この花を育てたい」「こういう植栽を育てたい」など具体的な要望を伝えるのが良いでしょう。

庭の手入れ業者の探し方

庭の手入れを業者にお願いしようと思っても、造園業の知り合いやそれに通じるようなコネクションも無い場合は困ってしまいますよね。

でも、実際調べてみると意外と馴染みのある業者さんも庭の手入れを手がけているケースがあるのです。

少しご紹介してみようと思います!

ダスキン

参照:「トータルグリーン」

ハウスクリーニングでお馴染みのダスキンですが、『トータルグリーン』という事業名で庭の手入れも行っています。

ダスキンの仕事はどちらかと言うと家の中でのイメージが強いので、庭の手入れまで手がけているとは少し意外な気もしますよね。

でも屋内外問わずにダスキンに任せられるのは連絡する業者を単一化出来るのでユーザーとしてはありがたいですね。

ダスキンの庭のお手入れは内容も充実していて、庭木の剪定や芝刈りなどの基本的なサービスはもちろん、樹木の植替えといった本格的な造園作業も依頼出来ます。

ホームセンター


参照:「カインズホーム」 

カインズホームやコメリなどのホームセンターでも庭のお手入れサービスを行っています。

上でご紹介したダスキンもそうですが、名前を聞いたことのある業者だと初めて依頼する時になんとなく親近感が湧きますよね。

業務内容は草むしりや除草などの基本サービスから、庭木の剪定や伐採、芝の張り入れや芝刈りと本格的な造園作業も行っているようです。

庭木の消毒作業なんかも施工出来るので買い物に行ったついでに一度相談してみるのも良いかもしれませんね。

専門業者


参照:「スマイルガーデン」 

ダスキンやホームセンターのように事業の一環としてではなく、庭の手入れを主なサービスとして全国または地域展開している企業も存在します。

専門の業者と聞くと信頼感がありますよね。

施工実績やノウハウが企業に蓄積されているので満足度が高そうです。

業務の内容としてはその他の業者と大きな違いは無さそうですが、専門業者ということでスタッフも多いでしょうから日程などの融通が効きやすいといった利点があるかと思います。

【こちらの関連記事もご覧ください】

  1. オシャレなイングリッシュガーデンの作り方
  2. 【庭池の作り方】方法と費用を解説
  3. 庭をコンクリートで綺麗に整地したい時の施工方法と費用をご紹介

検索する時のポイント

ホームセンターでの取扱いは地域によって実施していない所もあるので、ご確認下さい。

インターネットで業者を探す際に「庭 手入れ 業者 〇〇(地域名)」というようにお住まいがある地域を検索ワードに入れると実際に頼む時に便利で身近な業者が探せると思うので、是非庭の手入れをプロにお任せしたいという方は参考にしてみてください。

庭の手入れを依頼した場合の費用

プロの業者に造園作業を依頼する時に気になるのが施工にかかる費用ですよね。

実際の施工費用は各現場の状況によって異なりますが、インターネット検索でヒットする業者の多くは無料で見積もりを行ってくれるので依頼を考えている人はまずは見積もりをお願いすることをおすすめします。

各社のホームページには作業毎の単価なども記載されているので参考にしてみて下さい。

少しまとめてみると…

  • 除草作業(機械刈り)  1㎡あたり 300円程度
  • 草むしり        1㎡あたり 800円 ~ 1,500円程度
  • 庭木の剪定       1本あたり 3,000円 ~ 16,000円程度 高さによって変動
  • 庭木の伐採       1本あたり 5,000円 ~ 25,000円程度 高さによって変動
  • 庭木の新植(作業費のみ)1本あたり 5,000円 ~ ※別途樹木の代金が必要
  • 庭木の消毒       1本あたり 1,600円 ~ 8,000円程度 高さによって変動
  • 芝刈り         1㎡あたり 300円程度
  • 芝張り         1㎡あたり 5,000円程度

といった具合になっています。

庭木の剪定や伐採、消毒の費用の幅が広くなっているのは施工する庭木の高さによって変動するためです。

脚立等で届かない程に背が高い木の場合は高所作業車が必要になるため、施工の費用も高くなってしまうのです。

新植の場合も現場の広さや状況によって施工の難易度や量が変わるので、新植をお考えの方は是非見積もりを取ってみてください。

「木だけではなく花も植えたい」などの要望にも応えてくれる造園プランもあるようですのでご検討してみてはいかがでしょうか。

庭の手入れ業者探しのまとめ

いかがだったでしょうか?

花や木によって色彩豊かな庭は華やかで癒やしの空間になりますが、その一方で手入れが必ず必要になってきます。

草取りなどコツコツやれれば良いのですが体力的にも時間的にもなかなか難しいと感じるご家庭も少なくないのではないかと思います。

そんな時はプロにお任せして綺麗にしてもらう、というのも一つの解決策です。

きっと親身になって手入れの方法やコツなども教えてもらえるのではないでしょうか。

最初はプロにお願いして、次からは出来そうな部分を自分の手でやってみる、というのも庭いじりの楽しみになると思います。

【こちらの関連記事もご覧ください】