庭をおしゃれにしたい、そんな時はここから始めよう

マイホームを手に入れ「こだわりの家屋とおしゃれな庭に囲まれて暮らすのが夢!」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

毎日を暮らすマイホームですから、自分の庭を好きに作り上げていくというのはとても素敵な事ですよね。

でも、実際どのようにしていけば『おしゃれな庭』が出来上がるのか中々イメージしづらいですよね…。

  • 選択肢が幅広すぎて何から手を付けたらいいのかわからない
  • 狭い庭でもおしゃれに出来るの?

今回はそんなお悩みに答えられるようにおしゃれな庭の作り方についてご紹介していきます!

【こちらの関連記事もご覧ください】

おしゃれな庭の作り方

一口に「おしゃれな庭」と言ってもそれぞれが抱いているイメージは十人十色なのではないでしょうか?

その頭の中にあるイメージを大枠からでも具体化して行くことが庭作りのはじめの一歩です!

ナチュラルガーデン

おしゃれな庭のなんとなくのイメージとして多くの人が思い浮かべるのがナチュラルガーデンではないでしょうか?

「北欧風」などのワードで検索しても似たような雰囲気の画像や記事が多くヒットします。

草花に溢れ、温かみのある空間は見ていて安らぎを与えてくれます。

非常に人気のあるカテゴリーで、SNSやインターネットにも多くの写真やDIY記事が存在しますので、先人たちの知恵を参考にしながら少しずつ手を加えて近づけていく楽しみも味わえますね!

「レンガ」「枕木」「ウッドフェンス」などのわかりやすいアイテムもありますし、どれもホームセンターなどで簡単に入手出来ますので初心者の方でも手がつけやすいと思います!

日本庭園風

和風の庭園もおしゃれな庭の代表格と言えるのではないでしょうか?

とは行っても、ご家庭の庭に鯉の住む池や壮大な枯山水などを配置するのはハードルが高いですがよね。

でも、庭に砂利を敷き詰めたり玄関までのアプローチに飛び石を採用することでグッと和のテイストが溢れてきます。

もう少し本格的に小さめの石灯籠を置いてみたり、竹や笹で雰囲気を増してみたりと思い思いの工夫で和風の庭を楽しむ事が出来ます。

また、「和の雰囲気は好きだけど住宅と合わせるならもう少し現代的な雰囲気の方が良いかも」という場合には『和モダン』という選択肢もあります。

白い石畳の周りに黒い砂利でコントラストを強調してみたり、石畳をわざと不均等に並べてみたりすると現代的な雰囲気が出せます。

芝のある庭

芝生のお庭は見た目も鮮やかですし、芝の上を歩いてみたり日向ぼっこをしてみたりと、見るだけではなく庭そのものを楽しむ事が出来ます。

植物ですので日々の手入れが必須になりますが「それもまた楽しそう!」という方にはずーっと付き合っていける空間になるのではないでしょうか。

【こちらの関連記事もご覧ください】

  1. 【家の塀をオシャレにしたい】種類と価格をご紹介します
  2. ウッドデッキの値段と設置費用をご紹介
  3. カーポートを設置するメリットとデメリットって何?

庭作りは目的を決めてから

『ナチュラルガーデン』『日本庭園』『芝生を活かす』などのテーマの中から理想に合うものを決め、そこに向けて徐々に近づけていくと楽しみながら庭作りを進められると思います。

植栽等でもガラッと雰囲気が変わりますし、一気に完成を目指すのではなくコツコツと楽しんでみてはいかがでしょうか?

テーマを決めるのにも悩んでしまうという人は「自宅の庭で何を楽しみたいのか」を考えてみると良いかもしれません。

おしゃれな風景として楽しみたいのかBBQなどのアクティビティを楽しみたいのかを考えてみると、自然と目指す方向性が見えてくると思います。

風景として楽しみたいのであれば、花壇や植栽スペース、ウッドフェンスや苔の生えた石などを設置して色や素材感を庭に足していく事で目に入ってくる情報量が増えるので景色としての庭を作り上げていく事が出来ます。

レンガや飛び石を敷くことで通路を作り出すことも出来ますし、雨の日に靴に付着する土汚れなども防止できて一石二鳥ですね。

一方で、アクティビティを楽しむ用途としての庭にするのであれば芝生を敷き詰めたりウッドデッキを設けることで「庭に出る」事を目的とすることが出来ます。

天気のいい日に芝生に寝転んでみたり、ウッドデッキやベンチで本を読んだりコーヒーを飲んだりする「生活スペース」として庭を活用し楽しんでみるのも素敵な事だと思います。

外構工事をお得にする方法

「ガレージ施工は専門業者へ相見積りを取ろう」

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう


狭い庭はこうやっておしゃれにしよう

思い思いに庭を作り上げて楽しんでみたい!と思っても「ベンチとテーブルを置いて、角には花壇を設置して…」などやりたい事を全てやる空間や費用を確保するのは難しいですよね。

実際には車や自転車などを保管する場所も必要となりますし、利便性を無視しておしゃれを追求してみても結局は暮らしていくのに困ってしまう事になりかねません。

そこで、ちょっとしたスペースをおしゃれに活用する方法をご紹介していきます!

レンガを使って花壇を作ってみる


狭いスペースでもレンガを積み上げて花壇を作るとアクセントになり空間にメリハリがつきます。

広い庭でガーデニングを楽しむには水やりや雑草取り等の手入れが大変ですが、狭いスペースならその分手間も少なくて済みます。

また、レンガで出来た花壇に直接土を入れずにプランターを置くスペースとするだけでもガラッと印象が変わると思います。

レンガ調プランターなんて商品もあるみたいですよ!DIYで省スペースのレンガ花壇を作っている人も多く居て、ブログなどに過程を載せている方も居るので参考にしてみるのも良いと思います。

広い空間に漫然と花を植えるより、一箇所に集中させた方がアイキャッチとして効果的と言えるかもしれませんし、狭い庭の利点とも言えるのではないでしょうか。

玄関までの小道を演出する

玄関までのアプローチに石やレンガ、タイルなどを敷いて演出するとグッとおしゃれさが出てきます。

玄関アプローチは毎日行き来する通路ですので、手を加えた効果を一番実感出来る場所でもありますね。

和風・洋風によって演出の仕方を変えると庭の印象もガラッと変わるのでおすすめです。

「綺麗に並べられるか不安」という方もいらっしゃるかと思いますが、あえて不揃いにする事で暖かみやナチュラルさを生み出すことも出来ますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ラティスフェンスで空間を広げる

平面のスペースに限りがあるのなら立体的に空間を活用してみましょう。

ホームセンター等で簡単に手に入るラティスフェンスにプランターをかけて彩りを加えれば一気に華やかになります。

縦方向に花を飾る事で立体感とまとまりが生まれ、ボリュームのあるスペースにすることが出来ます。

また、ラティスフェンスは単なる飾り柵としてではなく目隠しとしても使う事が出来るので、あまり他人には見られたくない洗濯干しスペースの手前に配置してみたり、家の敷地の外からの視線を遮るプライバシー保護の目的でも効果があります。

すこしかすれた色合いでアンティーク調にDIYで塗装すればより一層おしゃれで自分だけの一点物になり、雰囲気のあるアクセントとして際立ちます。


オシャレなお庭作りのまとめ

庭はご自宅に来てくれるお客様だけでなく、毎日自分や家族を出迎えてくれる大切な空間です。

その空間が自分の好みや理想的な雰囲気であれば毎日が楽しくなりそうですよね!

「こんな庭にしてみたい」という大まかなイメージを決めたら、少しずつ理想の空間に近づけていく楽しみも味わいながら時間をかけて庭づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか?

DIYやガーデニングなど、新たな趣味の発見にも繋がるかもしれませんね。

【こちらの関連記事もご覧ください】