【庭の外構】センサーライトとは?防犯効果についても紹介

センサーライトとは?防犯効果についても紹介

庭の外構に照明を取り付けるとなったとき、「一体どの照明を取り付ければ良いのだろう?」と悩んでしまう人も少なくありません。

照明にはたくさんの種類があるので、どの証明が良いのか、わからなくなってしまいますよね。そんな悩みを持つ方におすすめなのがセンサーライトです。

センサーライトはその性能はもちろん、防犯効果や省エネ効果についても抜群の機能を果たしてくれる照明なのです!

今回は、そんなセンサーライトの基本情報から外構に取り付けるメリットまで、しっかりと紹介していきたいと思います。

この記事を読んで、ぜひ外構に取り付ける照明としてセンサーライトを検討してみてくださいね。

////

センサーライトとは?

センサーライト

ではまずセンサーライトの紹介から入りましょう。センサーライトとは、人感センサーや熱センサーなどが取り付けられたライトのことです。

このセンサーは動く物体やその物体の熱量に反応するようになっており、それらを検知すると自動的に電源が入り、一定の間光を照らしてくれるようになっています。

自動的にライトが付くので、無駄な電気の消耗もなく、エコに使えるライトとも言えますね。

何より不審者などを防止するための防犯ライトとして非常に優秀で、防犯面を強化したい家にとっては非常に使いやすい照明となっています。

////

センサーライトの種類3つ

3を指であらわす作業服を着た女性

センサーライトは大きく3つの種類に分類できます。種類によってメリットは違ってくるので、どのライトが自分の家に合っているのかをしっかり吟味するようにしましょう。

乾電池タイプ

乾電池を入れるタイプのセンサーライトは配線が不要のため、どこにでも簡単に設置ができるというのがメリットです。

場所を選ばないので、玄関先やベランダ、表札近くなど、好きな場所に設置できるというのも嬉しいポイントですね。

ただし電池を交換する手間とコストがかかってきてしまうのがデメリットで、「いつの間にか電池が切れて使えなくなっていた」ということも。

電源供給タイプ

屋外の電源につなぎ、そこから電気を供給するタイプのライトです。常に電源がひかれているので、電池切れの心配をすることなく使えるというのがメリットです。

もちろん電池交換の必要もなくいつでも使用できるので、防犯面という意味では安心して使用できますよ。

ただし電源コンセントが屋外にない場合は、電気工事が必要になります。中には延長コードを引っ張れば使える商品もあるので、購入時に確認してみましょう。

ソーラー式タイプ

太陽光を電気エネルギーに変換して蓄電できるソーラー式タイプも人気があります。その特徴は、なんと言っても電気代がかからず経済的という点です。

自然エネルギーを使用しているので、晴れの日にまとめて蓄電しておけば長時間使用することができますよ。天気の悪い日は蓄電が難しいというデメリットはありますが、長期間使用ができるという魅力もあります。

////

地元の優良企業で「満点」の外構工事をする方法

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、住宅エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう


センサーライト最大の魅力は防犯面にあり!

夜光るセンサーライト

センサーライト最大の魅力は、なんと言っても防犯面の強さにあります。不審者の侵入を防ぐという意味で、非常に効果が高い照明と言えるでしょう。

侵入者は夜に動くことが多いですが、家の人や周りに気付かれないよう「短時間で侵入しなければならない」という気持ちがあります。

しかしそこで眩しい光を浴びせられると、「誰かに見られてしまう」という焦りが生じ、侵入を断念するということが多いのです。

センサーライトは物や熱に反応したときのみに動くので、ライトが光ると「なんだろう」と違和感を感じさせてくれるのです。普段光らないからこそ、防犯面としては非常に信頼できるライトと言えるでしょう。

もちろん自動点灯した後は、一定時間が経過すれば消灯するようになっているので、消し忘れの心配もありませんよ。

外構、造園業者が5つのステップで元請けになる方法

次のページを見れば、元請けとして個人客を集客し、元請けとして仕事をして、自分の会社の仕事は自分で100%コントロールする、その方法を記載しています。

>>職人でもできるオンラインで個人のお客さんを集める秘訣


センサーライトはどこに設置すれば良い?

センサーライト

もし防犯面を期待してセンサーライトを設置するのであれば、まずは「自分ならどこから侵入しやすいと思うか?」ということを考えてみましょう。

光が当たりにくい裏口や人気のないベランダなど、自分の家の立地なども考慮して考えてみてください。

特に風呂場や台所の窓など、家の裏側や側面にある窓から侵入されるケースも多いです。自分が泥棒になった気持ちで考えてみてくださいね。

実際に設置する際には、照明の角度や固定の強さ、照明の明るさなどをしっかりとテストしましょう。確認を怠ると、いざという時に効果を発してくれない可能性がありますよ。

また電源を共有するタイプの照明の場合は、断線や漏電の恐れはないかも確認するようにしましょう。

特に漏電は火事に繋がる場合もありますので、配線時などに本体以外の部分が水で濡れないようにするなどして、事故を防ぐようにしましょう。

まとめ

センサーライトについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

センサーライトは防犯面、経済面どちらをとっても優秀なアイテムと言えます。特に防犯面においては、昨今の防犯事情を考慮すると、非常に期待できる効果を発揮すると言えるでしょう。

「安心して家で暮らしたい!」という気持ちが強いのであれば、ぜひセンサーライトを取り付けて、おうちと家族の安全を守るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。