古いブロック塀、ほうっておいたら危険!外構もリフォームしよう

古いブロック塀、ほうっておいたら危険!外構もリフォームしよう

新築したときはキレイで自慢だったマイホームも、15年、20年、30年とたつと、あちこちいたんできます。

二世帯住宅にリフォームしたり、バリアフリー住宅にしたり、外壁を塗りかえたり……。

多くの方が家のリフォームはお金をかけるのではないでしょうか?

でも、カーポートやフェンス、塀もしっかりとリフォームしないと、災害が起きたとき大きな事故につながりかねません。

とくに、古くなって倒れやすくなっていた塀が、地震や台風でたおれることもあります。

倒れた塀が、人に当たったらたいへんです。

大阪の地震の時に塀が倒れて、小学生がなくなった痛ましい事件もありました。

この記事ではおもな外構の寿命や、リフォーム例をご紹介します。

外構の修理を検討している方は、ぜひ、参考にしてください。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

コンクリート塀、カーポートやフェンスなど外構工事の寿命は?

壊れたカーポート

外構は場所ごとに耐用年数があります。

耐用年数というと難しいですが、寿命のことですね。

おもな外構の場所につき耐用年数を確認してみましょう。

門扉(フェンス、塀など)の耐用年数

  • 金属および木製のフェンス…10年
  • コンクリート塀…15年
  • 石造の門扉…35年

ただし、フェンス、コンクリート塀や石造の門扉の耐用年数は、素材や状態によって変わります。

地域の気候による影響もあるでしょう。

これよりも短い年数しか経過していなくても、安全性に問題がある場合もあります。

外構工事のプロに一度、チェックしてもらうとよいでしょう。

駐車スペースの耐用年数

  • アスファルトで舗装した駐車スペース…10年
  • コンクリートで舗装した駐車スペース…15年

テラスなどの耐用年数

  • 金属製テラス…15年
  • 木製テラス…8年
  • 花壇など…10年

テラスは、寒冷地や海風が当たる地域では、耐用年数がこれよりも短くなることもあるので、注意しましょう。

次に、古い塀をほうっておくとどうなるか、また、塀のリフォーム例を紹介します。

////

放っておくと危険!塀が倒れて人がケガしたら損害賠償?

壊れたブロック塀

皆さん、ご存知でしょうか?

民法には「工作物責任」という責任が定められています。

たとえば、皆さんの家の塀が倒れて、道路を歩いている方にケガをさせたら、被害にあった方に損害賠償しなければなりません。

台風や地震などによる不可抗力で塀が倒れたとしても、工作物責任を負うケースもあります。

裁判例では、ブロック塀について、判断の目安を示しています。

「震度5までの地震が通常予想される危険であり、その地震に対応できる安全性を備えていなければ欠陥がある」とされています。

つまり、古くなった塀をほうっておいた人が責任を問われるケースがあるということです。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

外構工事をお得にする方法

「ガレージ施工は専門業者へ相見積りを取ろう」

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう


ブロック塀のチェック項目を知ろう!

チェックリスト

国土交通省では、ブロック塀について、点検項目や改善点につき、以下のように指針を示していますので、ご自宅に古いブロック塀があったら、チェックしてみましょう。

次の1~5をチェックし、ひとつでも不適合がある場合などは、専門家に相談したほうがよいとされています。

  1. 塀は高すぎないか(塀の高さは地盤から2.2m以下か)
  2. 塀の厚さは十分か(塀の厚さは10cm以上か、塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)
  3. 控え壁はあるか。(塀の高さが1.2m超の場合)塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか
  4. コンクリートの基礎があるか
  5. 塀に傾き、ひび割れはないか
  6. 塀に鉄筋は入っているか
  7. 基礎の根入れ深さは30cm以上か(塀の高さが1.2m超の場合)

一般の方が判断するのは難しい項目が多いので、古い塀がある場合は早めに専門家に相談し、塀を撤去してフェンスにするなど、リフォームを検討してください。

参考)国土交通省 ブロック塀等の安全点検等について


れんが造、石造、鉄筋のないブロック造塀のチェック項目を知ろう!

チェックリスト

鉄筋のはいったブロック造以外の塀は、以下のチェック項目が、国土交通省から示されているので、参考にしてください。

  1. 塀の高さは地盤から1.2m以下か
  2. 塀の厚さは十分か
  3. 塀の長さ4m以下ごとに、塀の厚さの1.5倍以上突出した控え壁があるか
  4. 基礎があるか
  5. 塀に傾き、ひび割れはないか
  6. 基礎の根入れ深さは20cm以上か

これも、一般の方には難しい内容が多いので、早めに専門家に相談したほうがよいでしょう。

もし、修繕しないでいると、塀が倒れて取り返しがつかなくなるかもしれません。

その前に、リフォームに着手しましょう。

参考)国土交通省 ブロック塀等の安全点検等について

塀のリフォーム例をご紹介その1:フェンスにするのもポイント

ひび割れて傾いている古いブロック塀は、どうしたらよいでしょうか?

中の鉄筋がサビて腐食している可能性もあります。

ほうっておくと、塀が倒れてしまうでしょう。

このようなブロック塀のあるご家庭なら、次のような工事の例が参考になるでしょう。

  • 基礎からのやり直し
  • 目隠しアルミフェンスとブロック塀の組合せ
  • 高さは以前と同じにする

塀のリフォーム例をご紹介その2:生垣を撤去するのもポイント

次に、生垣と石積みのブロック塀の組み合わせをリフォームする例をご紹介します。

  • 石積みの塀の上に生垣がある
  • 石積みの塀がくずれそうで危険
  • 生垣が大きくなりすぎて手入れができなくなった

こんなご家庭には、次のリフォーム例が参考になるでしょう。

  • 塀と生垣の撤去
  • 目隠し用にアルミフェンスの設置

古い家の庭には生垣があります。

四季折々目を楽しませてくれるのは嬉しいのですが、生垣は手入れが大変。

また、昔は大きな石を庭や塀につかうのが、その家のちょっとした自慢でもありました。

石は高価だからです。

でも、事故の危険性があるなら、撤去せざるをえません。

見慣れた庭や塀の風景ですが、使い勝手よく安心して暮らせるように、衣替えしてあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?

愛着のある庭の生垣や石、レンガの塀……。

でも、手入れの手間や倒壊の危険性を考えたら、早めに修理したほうがよいでしょう。

とくに、小さなおこさんがいるご家庭だったり、お孫さんがよく遊びにきたりするなら、安全性を考えてあげなければなりません。

いまは、比較的リーズナブルなフェンスもあり、見た目も良く、目隠しにもなります。

ぜひ、一度ご相談を寄せていただき、外構リフォームを検討して下さい。

【こちらの関連記事もご覧ください】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です