駐車場の門扉はどんなものが良いの?おすすめ駐車場の門扉5つ

駐車場の門扉はどんなものが良いの?おすすめ駐車場の門扉5つ

駐車場に使える門扉は大変種類が多いため、ご自宅のタイプや雰囲気に合わせて最適な門扉を設置することが可能です。

駐車場の門扉は、選んだ種類やタイプだけご自宅全体の印象が大きく変わる外構素材のひとつです。

一度設置すると簡単に交換できませんから、せっかくなら見た目も機能性も重視したいところですよね。

今回は、当社ホームーページ「外構の達人」がおすすめする駐車場の門扉を5つ紹介します。

これから門扉を設置する予定の方は是非参考にしてみてください。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

駐車場の門扉でよく重視されるポイント

ポイント

駐車場の門扉を選ぶ際、きっと様々な問題や困りごとを解決したいという気持ちもあるかと思います。

駐車場の門扉を導入されるにあたり、以下のポイントと実際に門扉を設置したい場所をチェックすると、困りごとへの解決につながりますので、参考にしてみてください。

  • 外に駐車している車へのいたずら防止
  • 防犯対策
  • 大切なペット、お子様の飛び出し防止
  • ご自宅全体のエクステリアの一環
  • ごみ置き場設置のためのポール設置
  • プライベート空間を守るための公道との間の仕切り
////

「外構の達人」がおすすめする駐車場の門扉を5つ

おすすめ

それではさっそく、当「外構の達人」がおすすめする駐車場にうってつけの門扉を5つ紹介します。

簡素なものから厳重なものまで紹介していますので、ご自宅の雰囲気やスペース、利便性も加味しながらご覧ください。

1)駐車ポール

通称「ポールゲート」とも呼ばれるこのタイプは、非常に簡素なタイプの駐車場の門扉です。

駐車ポールは主に、

  • 地面に内蔵するタイプ
  • 固定して動かせない固定式タイプ

穴だけあけてぽールの出し入れを適宜行う取り外し式タイプ

以上の3種類があります。

防犯面の観点からは少々心配ではありますが、設置費用が他の門扉よりも低コストでOKというだけでなく、駐車ポールを使用しない際は収納できるタイプもありますので、スペースが広く使えるという便利性があります。

駐車場をより広く使用したい場合や、低コストで門扉を設置したい場合におすすめできる駐車場の門扉です。

2)跳ね上げ式門扉

跳ね上げ式門扉も、駐車場の門扉におすすめです。

見た目がとてもオシャレでかつ、狭い敷地のご自宅に防犯のしっかりした門扉を設置したいときに選択肢に加えたい門扉です。

道路へはみ出して上がるタイプとまっすぐ開くタイプがあり、可動方法も手動式、リモコン式とありますので、駐車場の立地や日々の使い勝手によって、ご自宅にピッタリのタイプを選びましょう。

跳ね上げ式門扉については、別途ブログでも紹介しているため、より詳しく知りたい方は併せてご覧ください。

3)シャッターゲート

駐車場の門扉の中でも人気No.1のシャッターゲートも、駐車場の門扉におすすめです。

シャッターゲートを取り入れた住宅の存在感がかっこいいだけでなく、外部からの視線をシャットアウトできるクローズ外構を取り入れたいという方に向いています。

リモコン可動式のタイプですので、力に自信のない方も開閉がラクラクというだけでなく、防犯対策や飛び出し防止対策もばっちりです。

4)引き戸式門扉

引き戸式の門扉は、扉が地面にあるレールの上をスライドして開閉を行うタイプの門扉です。

省スペースで利用できる門扉で、このタイプを取り入れているご自宅も多くあります。

「スライドドア」とも呼ばれていて、手動式と可動式とあります。

地面にあらかじめレールを敷くのはもちろんのこと、スライドする側に門扉と同じ幅の土地が必要になります。

そのため、駐車場の敷地が広く取れるご自宅や、傾斜のないフラットな土地を持っている方に向いています。

5)アコーディオンゲート

アコーディオンゲートはいわゆる「伸縮門扉」のことで、開閉する様子が楽器のアコーディオンのようであることから名付けられています。

アコーディオンゲートは狭いスペースから傾斜のある場所、そして広い範囲にもおすすめできる万能門扉です。

駐車場の門扉としてはシャッター式門扉に続く利用率の高さを誇り、ご近所でも設置しているご家庭をよく見かけるのではないでしょうか。

折りたたんだ分だけ出入口スペースが出てしまうこと、風や衝撃に弱い点をしっかり理解したうえでケアをしていけば、施工も設置も簡単な門扉です。

アコーディオンゲートについても別記事でより詳しく紹介していますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

外構工事をお得にする方法

「ガレージ施工は専門業者へ相見積りを取ろう」

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう


まとめ:あなたのご自宅の駐車場にピッタリの門扉をじっくり吟味しよう!

駐車場に向いている門扉はまだまだたくさんあります。

今回ご紹介した5つの門扉も、幅や仕様、長さによって更に細かく種類が分類されます。

あなたのご自宅の雰囲気や駐車場の土地状況、費用面も考慮しながら、ご自宅にピッタリの門扉を駐車場に設置してみましょう。

また、駐車場の門扉や駐車場全体は、意外とご自宅の印象に大きな影響を与える大切な部分です。

「どんな門扉が良いのかわからない」

「自宅に向いている駐車場の門扉が知りたい」

「駐車場の門扉はどれだけ耐久性があるのか」

等、駐車場の門扉についてもっと詳しく知りたい場合は、是非「外構の達人」にもお気軽にご相談ください。

ご自宅にピッタリの理想の駐車場の門扉をお探しするためにお力添えいたします。

あなたにご自宅に駐車場の門扉にじっくりと吟味して、理想の駐車場の門扉に出会いましょう!

【こちらの関連記事もご覧ください】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です