外構業者が教える!スライド門扉とはどんなもの?

外構業者が教える!スライド門扉とはどんなもの?

////

スライド門扉とは?

スライド門扉
引用:三協アルミ

スライド門扉とは、引き戸タイプとも称される門扉。

門扉の引き込み部分が玄関側に位置し、左右一方の方向に引くことにより、開閉します。

道路と敷地内の境界をしっかり引きたいにもかかわらず、玄関周りの敷地が狭い場合におすすめできる門扉が、スライド門扉です。

また、スライド門扉は、扉を開閉するタイプでなくスライドさせて開閉させる仕組みのため、スライドできるスペースがあれば設置できますので、開き戸タイプよりも省スペースという特徴があります。

リフォームによる新しい外構設置の一環として導入しやすい

スライド門扉は、横のスペースがあればリフォームで外構工事する際、新しく取り入れやすい門扉です。

例えば、これまで門扉を設置していなかったオープンスタイルの玄関。

スライド門扉を導入すれば、玄関スペースを狭めることなくオープンスタイルの時と変わらない広さのスペースを確保できます。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

スライド門扉のタイプ

スライド門扉のタイプ

スライド門扉は、さまざまなタイプあります。

これまでは、スライド門扉と言えば伸縮門扉といわれるほど、伸縮門扉が主流でした。

しかし、最近ではさまざまなタイプのスライド門扉がメーカーから登場しています。

スライド門扉の代表的なタイプを以下にまとめました。

  • レールがないスライド門扉
  • 段差のないレールのスライド門扉
  • 門扉の引き込みスペースが道路側の「アウタースライド」タイプ

玄関周りやご自宅のタイプと相談しながら、ご自宅に合うスライド門扉を導入できますので、これからスライド門扉を導入しようと検討中の場合は、ぜひ参考にしてみてください。

どんな素材が多いの?

スライド門扉は、雨に強いアルミやスチールを中心に構成されています。

その他、

  • 素材を組み合わせた異素材タイプ
  • 木目調の面材タイプ
  • 透明性重視のポリカーボネートやガラスを組み合わせたタイプ

というように、自宅のタイプや雰囲気によってデザインを変えられるのもスライド門扉の良いところです。

デザインは?

素材も豊富なスライド門扉は、デザインも豊富にあります。

最近では、住宅のデザインがシンプル傾向になっていることもあり、スライド門扉もシンプルなデザインが増えています。

その他、

  • 格子
  • メッシュ

というように、求めるエクステリアや目隠し範囲等に応じてスライド門扉のデザインを決められます。

また、スライド門扉と同じデザインのカーポートやフェンスデザインを展開しているメーカーもあるため、自宅全体の素材を統一してエクステリアにこだわることも可能です。

////

地元の優良企業で「満点」の外構工事をする方法

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、住宅エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう


スライド門扉を選ぶときの注意点

スライド門扉を選ぶときの注意点

スライド門扉を導入する際は、デザイン性や素材もさることながら、以下の部分にも注意しましょう。

  • 操作性
  • 防犯性
  • 目隠し要素

特に、玄関やカーポートにスライド門扉を導入する場合、日ごろ使う部分のため開閉の操作性の手軽さが大切です。

実際にスムーズな開閉ができるスライド門扉かを確認したうえで導入しましょう。

また、防犯性も重要です。

スライド門扉によって施錠方法が異なるだけでなく、日ごろ使用する場所への設置となるため、施錠方法も手軽だと助かりますよね。

特に玄関の施錠にピッキング対策を施したスライド門扉もありますので、スライド門扉を取り付ける際は防犯性も確認しましょう。

また、スライド門扉のデザインによっては、外部の視線を完全にシャットアウトするものと、格子タイプで開放感を出すものがあります。

以上を踏まえて、ご家族構成や使い方でどんなタイプのスライド門扉を導入するか検討しましょう。

【こちらの関連記事もご覧ください】


スライド門扉の設置に向いている玄関タイプ

スライド門扉には、設置に向いている玄関タイプがあります。

詳しく見ていきましょう。

1)道路側に開き戸のスペースが設けられない玄関

スライド門扉は、道路側に開き戸のスペースが設けられないご自宅にピッタリの門扉です。

玄関スペースが取れないことからやむを得ず道路側へ門扉を開閉する場合、道路側に門扉を開けるスペースが取れなくなると、通行の妨げになってしまいます。

スライド門扉では横のスペースを活用するため、道路側への門扉突出を避けながら使い勝手の良い開閉が可能です。

2)玄関スペースが狭い

玄関スペースが狭い場合でも、スライド門扉が大活躍します。

上記と同じ理由で、自宅側に開き戸のスペースを充分に確保できないと、門扉により玄関扉の開閉に支障をきたします。

横スペースを利用して引き戸にて開閉するスライド門扉では、玄関扉の開閉を妨げることがありません。

まとめ

スライド門扉は、新築でもリフォームでも取り入れやすい門扉です。

自宅側・道路側へ開き戸のスペースを確保できない住宅でも、横のスペースさえあれば簡単にスライド門扉を導入できます。

また、スライド門扉には希望に適うさまざまなタイプやデザイン・素材も豊富なので、門扉に重視したい機能を持ったスライド門扉を幅広い種類から選べるのが魅力です。

スライド門扉は、実際の生活で多く操作する玄関やカーポートに取り入れられます。

スライド門扉を導入したい場合は、実際のスライド門扉を操作できるショールームがある外構会社での施工がおすすめです。

門扉は毎日使う場所に設置しますので、家族が使いやすいスライド門扉を選択しましょう。

【こちらの関連記事もご覧ください】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です