門扉の選び方:デザイン・素材・セキュリティー性能を徹底解説

門扉の選び方:デザイン・素材・セキュリティー性能を徹底解説

門扉は家のセキュリティーを守る重要な要素の1つであり、デザイン性も高い要素です。しかし、素材やセキュリティー性能などの違いを理解することが重要です。

この記事では、門扉の選び方について、デザイン、素材、セキュリティー性能の観点から詳しく解説していきます。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

デザイン

門扉

まずは、門扉のデザインについて解説します。門扉のデザインには、モダン、和風、古風、アーチ型、スクエア型など多様な種類があります。

それぞれのデザインには、家の雰囲気に合わせたり、門扉の役割に合わせたりすることが重要です。

例えば、モダンな家には、シンプルでスマートなデザインの門扉が合います。和風な家には、和風の門扉が合います。

また、門扉の役割に合わせたデザインを選ぶことも重要です。例えば、ガレージ用の門扉は、大きくて丈夫なものが必要です。

////

素材

門扉

次に、門扉に使われる素材について解説します。門扉に使われる素材には、鉄、アルミ、木、ステンレスなどがあります。

それぞれの素材には、メリット・デメリットがあります。鉄製の門扉は、丈夫で長持ちしますが、錆びやすいというデメリットがあります。

アルミ製の門扉は、軽くて錆びにくいというメリットがありますが、強度が劣るというデメリットがあります。

木製の門扉は、高級感があるというメリットがありますが、メンテナンスが必要で、虫食いや腐食などの問題があるというデメリットがあります。

ステンレス製の門扉は、耐久性があり、メンテナンスが簡単なというメリットがありますが、価格が高いというデメリットがあります。

使用する場所や目的に合わせて、素材を選ぶことが大切です。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

地元の優良企業で「満点」の外構工事をする方法

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、住宅エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう

セキュリティー性能

門扉

最後に、門扉のセキュリティー性能について解説します。門扉のセキュリティー性能には、錠前やロックの種類、材質、厚さ、設置方法などによって変わります。

門扉には、シリンダー錠、デッドボルト錠、セキュリティーインナーロックなどの種類があります。また、材質や厚さによっても、強度が異なります。

セキュリティー性能が高い門扉は、強度の高い素材を使用し、厚みがあることが特徴です。また、設置方法にも注意が必要です。

門柱にしっかりと固定されている門扉は、簡単には破壊されないため、セキュリティー性能が高いと言えます。

以上、門扉の選び方について、デザイン、素材、セキュリティー性能の観点から解説しました。

門扉は、家のセキュリティーを守る重要な要素であると同時に、家のデザイン性を高めることもできます。

適切な素材とセキュリティー性能を備えた門扉を選び、家族の安全を確保しましょう。

また、施工業者の選定も重要です。施工業者には、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

【こちらの関連記事もご覧ください】