家の駐車場はコンクリートとアスファルト舗装のどちらがいいのでしょうか?

家の駐車場を舗装する方法として、コンクリートとアスファルトでお悩みの方も多いと思います。重量のある車を停めることができる舗装として、コンクリートとアスファルトは最適でしょう。

舗装に悩むポイントとして、かかる費用や使いやすさ、それにデザイン性などがありますよね。

コンクリート舗装とアスファルト舗装には、それぞれメリットやデメリットがあり、求めている事によってどちらを選べば良いのかが変わってきます。

今回は、家の駐車場を舗装する方法として、コンクリートとアスファルトのどちらがいいのかについて解説していきます。

コンクリート舗装やアスファルト舗装の特徴や施工方法、費用を知ることで、実際にどちらが家の駐車場に適している舗装なのか、一緒に考えていきましょう。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

駐車場を舗装するコンクリートやアスファルトの特徴

駐車場にはコンクリート舗装がいいのか、アスファルト舗装がいいのか考えていくために、まずはそれぞれの特徴について見ていきましょう。

コンクリート舗装

滑らかで平らな表面を持ち、グレー色をしているのがコンクリート舗装です。

砂や砂利、セメントや水を使って凝固させたもので、駐車場だけでなくアプローチやその他の外構でも使われます。

耐久性があり非常に硬いのが特徴ですが、引く力に弱く柔軟性が無いためワイヤーメッシュなどを中心に入れて補強する必要があり、その分手間もかかります。

また、小さなヒビが表面にできることがありますが、機能的に問題が出ることはありません。

コンクリート舗装のメリット

駐車場に舗装した場合のメリットについて見ていきましょう。

耐久性に優れている

非常に硬いコンクリートは、衝撃にもある程度耐えられ、欠けやひび割れが起こりにくいというメリットがあります。

維持費があまりかからない

耐久性があるため、傷つくことが少なくメンテナンスなどの維持費が少なくてすむという傾向があります。

夏に高温になりにくい

アスファルトに比べて、コンクリートは熱を表面に持ちにくく、夏場でも比較的熱くなりにくいという性質があります。

////

コンクリート舗装のデメリット

駐車場に舗装した場合のデメリットを挙げていきます。

初期費用が高くつく

コンクリート舗装は、初期の工事にかかる費用が高いというデメリットがあります。

維持費がかからないことや、長く使っていけるという点から、長い目で見れば納得のいく費用になるでしょう。

使用できるまで時間がかかる

コンクリート舗装は、車を載せられる硬さになるまでコンクリートを乾かさなければならないため、施工後数日間は駐車場が使えないというデメリットがあります。

施工する季節によっても、必要な養生時間が変わってくるので、施工を依頼する業者にあらかじめ確認しておきましょう。

雨の日は滑りやすい

表面が平らで凹凸のない仕上げにすると、見た目がきれいで掃除も楽にできるというメリットがありますが、雨の日には滑りやすくなるので注意が必要です。

より安全にという目的がある場合には、刷毛仕上げなど水に濡れても滑りにくい仕上げを検討しましょう。

アスファルト舗装

ざらざらとした表面で黒褐色、道路や広い駐車場によく使われているのがアスファルト舗装です。

燃料を作る際に残った残留物と骨材を混ぜたアスファルト合材を敷き詰めて転圧をすることで舗装します。

アスファルト合材は温度が高い状態で出荷され、施工中も高温の状態で敷き詰められます。

施工後、温度が50度以下になると車が通れるようになるため、コンクリートよりも短い時間で使用できる状態となります。

ただし、温度が下がる前に車を入れてしまうとわだちができてしまったり、薬品やガソリンがついてしまうと劣化してしまうという特徴も持っています。

【こちらの関連記事もご覧ください】

  1. 土間コンクリート工事を依頼する前にチェックすべき5つのポイント
  2. 駐車場はアスファルト舗装?コンクリート?単価や費用、利便性、利点・欠点も解説!
  3. 庭をコンクリートで綺麗に整地したい時の施工方法と費用をご紹介
////

地元の優良企業で「満点」の外構工事をする方法

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、住宅エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう

アスファルト舗装のメリット

駐車場に舗装した場合のメリットについて見ていきましょう。

費用が安くすむ

アスファルト舗装はコンクリート舗装に比べて、手間も少なく単価自体も安くなるため、初期費用を安くすませられるというメリットがあります。

使用できるまでが早い

アスファルトの温度が下がれば使用できるため、施工後数時間で車を駐車場に入れることができます。

排水性がいい

アスファルト舗装は排水性がよく、くぼみなどができていなければ水たまりができません。また、排水性や透水性をさらに高める方法もあります。

外構、造園業者が5つのステップで元請けになる方法

次のページを見れば、元請けとして個人客を集客し、元請けとして仕事をして、自分の会社の仕事は自分で100%コントロールする、その方法を記載しています。

>>職人でもできるオンラインで個人のお客さんを集める秘訣

アスファルト舗装のデメリット

駐車場に舗装した場合のデメリットを挙げていきます。

耐久性が低い

アスファルトは素材が柔らかく、ひび割れやくぼみ、わだちができやすい特徴があります。

コンクリートに比べ、アスファルトは耐久性が低く、使っていける期間も短いというデメリットがあります。

維持費用が高く付く

コンクリートに比べ初期費用が安いアスファルトですが、ひび割れやくぼみなどができやすいので、その都度修繕するための費用が必要になります。

アスファルトの補修材がホームセンターなどで販売しているので、DIYで直すこともできますが、簡易的なものなのでしっかりと直す場合には業者に依頼する必要があります。

表面温度が高くなる

熱をため込むアスファルトは、夏場の暑い時期には60度を超えるときもあるので、火傷に注意する必要があります。

また、高温になったアスファルトはそのままの状態が続くことで柔らかくなってしまいます。

その状態で歪みができてしまうと、冷えて固まったときに、水たまりなどの原因になってしまうこともあります。

駐車場をコンクリートやアスファルトで施工する方法

家の駐車場をコンクリートやアスファルトにする場合、施工方法での大きな違いは舗装の厚みです。

コンクリートの場合、一般的にコンクリートの厚みが10cmと下地に10cmで20cmの掘削が必要になります。

アスファルトの場合は、一般的に舗装が3cmから5cmで下地が10cm程度で13cmから15cmの掘削が必要になります。

駐車場の地面の状態によって必要な下地の厚みが変わってくるので、あらかじめ確認しておきましょう。

それでは、それぞれの舗装の大まかな流れについて確認していきましょう。

家の駐車場をコンクリート舗装する場合

  1.  施工部分の掘削をする
  2.  砕石を敷き詰め、転圧する
  3.  型枠を設置していく
  4.  ワイヤーメッシュを適切な高さに設置する
  5.  コンクリートを流し込む
  6.  表面をコテなどで仕上げる
  7.  乾燥するまで養生する

家の駐車場をアスファルト舗装する場合

  1.  施工部分の掘削をする
  2.  砕石を敷き詰め、転圧する
  3.  アスファルトの敷き均し
  4.  転圧して締め固める
  5.  温度が下がるまで時間を置く
お問い合わせ

駐車場をコンクリートやアスファルト舗装にする費用

駐車場を舗装するためにかかる費用は、アスファルトのほうがコンクリートよりも安くすみます。コンクリート舗装をした場合、1平方メートルあたり10,000円前後が費用相場です。

またアスファルト舗装の場合、1平方メートルあたり5,000円前後が費用相場となっています。

コンクリートはワイヤーメッシュや目地などを入れる手間などがあるため、初期費用の安さという点ではアスファルトに軍配が上がります。

家の駐車場にコンクリート舗装が選ばれる理由

コンクリート舗装が一般家庭の駐車場に選ばれる理由として、長期的に考えた場合、アスファルトよりも費用がかからないからということが挙げられます。

強度があり耐久性もあるコンクリートは、長い期間使っていっても補修する機会が少なくてすみます。

その分、費用の心配も要らないので、最初にかかる費用さえなんとかできれば、継続的に使っていくことができるんです。

また、コンクリート舗装は見た目的にも現代の住宅にマッチすることも選ばれる理由のひとつです。

機能的でデザイン性もあり、費用もランニングコストで考えれば安くすむことから、家の駐車場にはアスファルトよりもコンクリート舗装が多く選ばれています。

【こちらの関連記事もご覧ください】

駐車場Con or Asまとめ

家の駐車場は住宅と同じようにこれから長く使っていくものなので、耐久性がありメンテナンスの手間がかからないコンクリート舗装が適しています。

コンクリート舗装は初期費用こそ大きく感じますが、長い目で見ると耐久性に劣るアスファルトよりも良い状態で安く使っていけるでしょう。

また、メンテナンスの手間がかからないということも、駐車場を快適に使っていくための重要なポイントになります。

多くの方の場合、家の駐車場にはコンクリート舗装がベストですが、施工時間の短さや価格等の利点からアスファルトを選ぶ方も要るでしょう。

その場合、アスファルトのデメリットをよく理解し、それを解決する方法について施工前にしっかりと考えておくことをおすすめします。

駐車場は住宅と同じように、生活していくための大切なスペースです。今回の内容を参考に快適な駐車場を作っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です