失敗しないリロケーションとは?押さえておくべきポイント5つ紹介

失敗しないリロケーションとは?押さえておくべきポイント5つ紹介

リロケーションは、近年登場した新しい賃貸スタイルで、決まった期間だけご自身の自宅を賃貸する方法です。

通常の不動産売買や賃貸とは異なるため、検討している場合は失敗を避けてリスクを少なくリロケーションしたいですよね。

今回は、失敗しないリロケーションを行うためにあらかじめ押さえておきたい5つのポイントをご紹介します。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

「リロケーション」とは何か?

リロケーションって何なのか考える女性

「リロケーション」は「移転」または「配置転換」という意味の英語「relocation」が由来となっており、転勤等といった何らかの事情により現在住んでいる一軒家やマンションを長期間留守にしなければならない場合に、一定期間別の人に賃貸することを指します。

  • リロケーションは主に、住宅を持っている人で
  • 長期にわたる出張を予定している人
  • 人事異動で一定期間住んでいる場所を離れる人
  • 都会暮らしに疲れ手田舎暮らしを一定期間したい人
  • 海外移住を始める人

をメインに注目されています。

リロケーションをすると何がいいの?

リロケーションは完全に一軒家やアパートを売却するのと異なり、ご自宅に戻る予定が確実にあるが、長い期間家を不在にするという人に向いている賃貸スタイルです。

そのため、

  • 長期間の不在にはなるが引っ越しは検討していない人
  • 売却に抵抗がある人

に向いています。

ご自宅を空き家のままにするよりも手間が省けるだけでなく、不在の間にリロケーション賃貸にすることにより家賃収入も発生するため、お得感もありますので、ご自宅という資産をフル活用できるのです。

リロケーションはどこに依頼する?

近年広まりつつある一定期間貸しのリロケーションは、専門としているリロケーション業者に依頼してご自宅の管理を委託してもらいます。

リロケーションを検討している場合は、複数のリロケーション会社に問い合わせを行うことで、トラブルを回避することができます。

併せて、各社ごとに行っているサービス内容もじっくり見ておくようにしましょう。

////

リロケーションに失敗したくない!押さえるべきポイント5つ

ポイント

リロケーション会社を選ぶにあたって、トラブルやリスクがないようにしたいですよね。

リロケーションが失敗しないように、押さえるべきポイントを5つ紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

1)契約期間を選べるかどうか

リロケーションで失敗しないためには、「契約期間」をしっかり確認することが第一に挙げられます。

ご事情によっては、「1年だけ」というように短期間になる場合も考えられますよね。

実はリロケーション会社によっては最低契約期間が定められている場合があります。

リロケーション会社によっては「3年間」等というように期間が定められている場合がありますので、あなたの不在にする期間に合わせて柔軟なリロケーション期間の契約を結ぶことができるかをよく確認し比較検討しましょう。

2)不在期間が早く終わったときに対処してくれるか

特に出張や駐在等の場合、不在にするはずの期間が想定よりも早い場合がありますよね。

その場合に、柔軟に対応してくれるリロケーション会社かどうかもしっかり確認することで、失敗しないリロケーションを実現できます。

  • リロケーション会社の中には、
  • 一時的な住まいを確保してくれる
  • 入居者への対応

等、しっかり行ってくれる場所もありますので、あらかじめ相談するようにしましょう。

3)設備の修理費用の負担の所在

リロケーションでは、お住まいの住宅に新しく期間限定の住民を探し入居してもらうことで成立しますが、丁寧に住んでくれる人でも生活をしていく期間が長引くにつれ、どうしてもリロケーション前後で家の痛みや劣化が発生します。

また、残念ながら中には家をキレイに使う意識に乏しい人もいるのが事実です。

その際に設備の修理費用の負担の所在がはっきりしているリロケーション会社かどうかで、かかる費用も変わります。

基本的には設備の修理費用は貸主が負担しますが、リロケーション会社の中には、設備の修理費用の一部を負担してくれる会社もありますので、上限も併せて良くチェックしましょう。

4)しっかり家賃収入が入るかどうか

リロケーション会社の使命の中に、入居者をしっかり見つけることが挙げられます。

リロケーションは短期間あるいは決まった期間しか住めないという点から、借主から避けられがちの賃貸方式でもあります。

リロケーションを行っている間に入居者が見つからないのでは、不在時の家賃収入はゼロになり、マイナスになってしまいますよね。

実績が豊富なリロケーション会社を利用すれば貸主が見つかるまでしっかり入居者の募集をかけていただけますし、会社によっては家賃保証と呼ばれる入居者が決まらない際にある保証制度があります。

家賃保証制度を導入しているリロケーション会社かどうかをしっかり確認するのも、失敗しないリロケーションにつながります。

5)担当者が信頼できるかどうか

なんといっても、長期間不在にするご自宅事情をしっかり聞いてくれるたのもしい担当者かどうかも、失敗しないリロケーションには欠かせない要素です。

リロケーションをするにあたっては、法律や税金など、ひとりではわからないことがたくさんあります。

疑問点をしっかり質問できる話しやすい人なのか、あなたの理解しできるように説明できる担当者かどうかをしっかり見極めて、リロケーションを満足のいくものにしましょう。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

外構工事をお得にする方法

「ガレージ施工は専門業者へ相見積りを取ろう」

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう


リロケーションに失敗しないように様々な可能性を検討するのも◎

検討するイメージ

リロケーションは、借主が決まればおのずと家賃収入が入りますが、実は通常の普通借家契約と比較しても家賃は安め、管理費が高めに設定されていることがあります。

そのため、リロケーション契約内容やサービス等どうしてもご自身の納得のいかない場合は、リロケーション以外の選択をしっかり考える必要も出てきます。

そのためにも、リロケーションを検討している場合は、複数の会社から見積もりやリロケーションサービスや褒章などのサービスを比較検討して、通常売却や通常賃貸にする等といった様々な可能性を検討するのもありです。


まとめ:失敗しないリロケーションは「情報収集」と「比較」にあり!

今回は、失敗しないリロケーションについてご紹介しました。

リロケーション自体が比較的新しい賃貸サービスのため、リロケーションを検討している場合は、事前の情報収集と複数会社、および様々な可能性を比較検討することが重要です。

また、担当者との相性や信頼関係も重要ですので、できるだけ多くのリロケーション会社に話を聞くようにしましょう。

【こちらの関連記事もご覧ください】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です