庭の草刈りは大変?業者VS自己流どっちがいい?

庭の草刈りは大変?業者VS自己流どっちがいい?

綺麗に整えた庭にも、土がある限り雑草が生えてきます。

そして雑草は生命力が強いので、放置しておくとかなり伸びてしまい、庭の見栄えが悪くなります。

そのため、庭に生えた雑草は草刈りで除去する必要があります。

しかしこの草刈りは労力を要する作業なので、業者に任せるという選択肢もあります。

そこで庭の草刈りは業者に任せるのか、それとも自己流で処理するのかどちらがよいのかを考えてみましょう。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

庭の草刈りはなぜ大変なのか?

草刈りはなぜ大変なのか

気がつけば雑草が生えてくる庭は、そのまま放置すると見栄えが悪くなってしまいます。

そのため、雑草を刈るための「草刈り」が必要となります。

しかしその草刈りは、自分でやるとなると相当な労力を要します。

草刈りは定期的に継続する必要がある

草刈りが大変な理由は、まず終わりがないことです。

雑草は何度刈っても、すぐにまた伸びてくるからです。

これは雑草と呼ばれは植物が非常に生命力が強いのが特徴です。

そしてその種は人の靴についたり風で運ばれたりして庭に運ばれてくるので、いつの間にか生えているという状況になります。

そのため、たとえ根元から抜いたとしても、新しい雑草が生えてきます。

土がある限り雑草は生え続けるので、定期的に庭の草刈りをしなければならないというわけです。

草刈りは労力を使う

草刈りは根に近い位置から刈り取るため、どうしても中腰の姿勢になります。

その姿勢を維持したまま長時間作業を続けるため、非常に労力を使います。

これも草刈りが大変な理由です。

雑草は広範囲に生えるため、作業の範囲も広くなります。

庭の隅々までチェックし草刈りをするとなれば、かなりの時間を要するでしょう。

それを2~3週間に1度というペースで行うとなれば、大変な労力となることでしょう。

////

庭の草刈りを業者に任せるメリットとデメリット

庭の草刈りを業者に任せるメリットとデメリット

この面倒な庭の草刈りですが、業者に任せると労力から解放されます。

そのかわりに費用負担が発生するので、まずは業者に任せるメリットとデメリットを考えてみましょう。

草刈りの労力から解放されるメリット

まずは草刈りを業者に任せることで、その労力から解放されます。

中腰での作業が続くために、腰を痛める可能性もあります。

そのようなリスクから解放されるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

また決して短くない庭の草刈りの時間を、ほかのことに有意義に使えるようになります。

ゆっくりと休息して仕事への活力を蓄えることもできますし、あるいはスキル磨きのために時間を使うこともできます。

草刈りを業者に任せると費用が発生しますが、空いた時間を有効に使うことでその費用を捻出することもできるでしょう。

庭の見栄えが良くなる

もちろん、草刈りのプロに任せることで庭の見栄えもよくなります。

そのまま雑草を放置してしまうと近隣から苦情が寄せられる可能性もあります。

そこでしっかりと草刈りをしてもらうことで、近隣とのトラブルを回避するメリットが生じます。

草刈りは単に刈ったりむしったりすればよいわけではありません。

きちんとした知識なしに自己流で草刈りをすると、庭の見栄えが悪くなることもあります。

その点、プロの業者に依頼すれば綺麗に整えてくれます。

さらに外構業者に草刈りを依頼すれば、そもそも雑草が生えてこないように外構工事をしてもらうこともできるでしょう。

定期的な草刈りは費用負担がデメリットに

庭の見栄えも良くなる業者の草刈りですが、その費用負担も定期的に行うとなると軽くはありません。

費用は業者によって違いますが、処理をする広さに応じて費用も増えるのが一般的です。

さらに刈り取った雑草の処理費用も必要です。

これらの費用を定期的に支払えるのかどうかも、草刈りを業者に任せるかどうかの判断ポイントになるでしょう。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

外構工事をお得にする方法

「ガレージ施工は専門業者へ相見積りを取ろう」

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう


庭の草刈りを自己流で行うメリットとデメリット

庭の草刈りを自己流で行うメリットとデメリット

続いて草刈りを自己流で行うメリットとデメリットをみていきましょう。

自己流の草刈りのメリットは費用負担が少ないこと

自己流で草刈りをする一番のメリットは、業者に頼むよりも費用負担が少ないことです。

必要となる費用は草刈りのための道具を揃えるものくらいで、ほかには特に発生することはありません。

自己流の草刈りは運動になる

普段はなかなか運動をしないという人にとっては、定期的に行う草刈りはよい運動になります。

ここでポイントとなるのは、「定期的に」行うということです。

雑草は刈ってもすぐに伸びてしまうので、定期的に何度も草刈りをしなければなりません。

もちろん庭の広さにもよりますが、適度な広さの庭を適切な方法で草刈りをするならば、ちょうどよい運動になるでしょう。

自己流の草刈りは労力を使うのがデメリット

庭の草刈りは2〜3週間ごとに定期的に行う必要があります。

それだけ雑草の生命力が強いのが理由です。

そのため何度も同じような作業を繰り返す労力が必要になります。

また草刈りは土に近い部分で刈り取るので、どうしても腰を曲げる姿勢で作業を続けることになります。

そのため腰に負担がかかるので、庭の広さによっては相当の労力となるでしょう。

もちろん、そのための時間もかかります。

休日に作業するとなれば、その分だけ休息の時間が減ることになります。


結局、草刈りは業者任せと自己流のどちらがよいの?

結局、草刈りは業者任せと自己流のどちらがよいの?

草刈りを自己流で行うのと業者に任せるのと、それぞれにメリットとデメリットがあります。

では結局、どちらがよいのでしょうか。

体力と時間があれば自己流で

草刈りは体力と時間を使います。

場合によっては腰にも負担をかけるので、体を痛めることがなければ自己流で草刈りをするとよいでしょう。

もちろんこれは庭の広さにもよります。

さほど広くない庭であれば、それほど体に負担をかけることも、時間を使うこともないと思います。

この場合には自己流で行っても問題はないでしょう。

逆に言えば、庭がかなり広く、相当の体力と時間を使うのであれば業者に依頼するのが無難です。

もちろん、その費用をかける余裕があるというのが前提になります。

これは庭の維持費、つまり家の維持費と考えて最初から計画に入れておくとよいでしょう。

仕上がりが気になるなら業者に依頼を

草刈りは単純に草を除去すればよいというものではありません。

ある程度はその知識を得ておくことが必要です。

その知識なしに自己流で草刈りをしてしまうと、後々の処理が難しくなったり、草刈り作業が面倒なことになったりする可能性があります。

そのため、草刈りのあとの仕上がりが気になるようであれば業者に依頼するのがおすすめです。

たとえば雑草は刈っても伸びますし、定期的な草刈りは必要です。

だからといって根こそぎ抜いてしまうと、さらに根が強い雑草が生えてくるおそれがあります。

草刈りは草の成長点の下で狩るのが基本です。

しかしそのように丁寧に作業するのは面倒という人は、業者に任せたほうがよいでしょう。

まとめ

庭の草刈りは自己流で行うと労力と時間がかかります。

業者に任せるとなると費用が必要です。

そのため一概にどちらがよいのかは判断が難しいものですが、費用負担ができるのであれば業者に任せるのが無難です。

いくつかの業者から見積もりを取って、安く済ませられるところに頼むとよいかもしれません。

【こちらの関連記事もご覧ください】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です