猫の侵入は大粒砂利で対策できるのかを外構業者が解説

猫の侵入は大粒砂利で対策できるのかを外構業者が解説

お庭での猫の侵入にお悩みではありませんか?

猫が好きであれば侵入したことも気にならないかもしれませんが、お庭でおしっこやウンチを見つけた時、いくら猫好きだとしても自分の飼い猫以外はなかなか許せないものです。

猫の性格によっては大事な庭木が爪とぎにされてしまったり、花壇のお花が荒らされてしまったりと、可愛い反面許せなことも多々生じます。

猫の侵入ほど対策が難しいと言われており、さまざまな侵入防止グッズも展開されているほどです。

そんな猫の侵入を、砂利でもある程度対処できることをご存じでしょうか?

そこでこの記事では、対策が難しいとされている猫の侵入対策について、砂利での対策方法も一緒にご紹介します。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

猫の侵入はなかなか防げない!

庭にいる猫

「猫は気まぐれ」という言葉もある通り、ある日突然、ノラ猫や迷いネコがご自宅のお庭に侵入していたという経験をしたという方も少なくないでしょう。

猫の侵入を防ぐのは困難だと言われており、雑草に続いて悩んでいる方が多いのが実情です。

ベランダのようにお庭には侵入防止ネットも張るのは困難ですし、壁を高くしたとしても猫の跳躍力では軽々と越えられてしまいます。

最強の猫侵入対策スプレーはあるものの……

猫の侵入に悩んでいる方が多いという見解になるのには、虫除け・虫刺され製品で流しられている「フマキラー」から登場している「猫回れ右びっくりスプレー」という製品が登場しているという背景もあります。

上記は、「猫回れ右びっくりスプレー」の実証実験動画です動画を観る限り、確かに効果があります。

しかし、猫好きの方にしてみれば、猫に万が一の危害が加わるようなグッズの使用は避けたいと考えるかもしれませんし、通りすがりの猫にまで「びっくり」されてしまっては少々心が痛むということもあるかもしれません。

////

猫の侵入は砂利で防げる!

グッドサインをしている作業服の男性の手

猫の侵入を忌避剤などの薬剤以外で防ぐ方法として、砂利も候補に挙げられます。砂利を敷くことでかえって猫の侵入を許してしまう印象があるかもしれません。

しかし、砂利の選び方をきちんと理解することで対処できるんです!

どんな砂利が猫の侵入防止に向いている?

猫の侵入防止を目的とする場合、直径5cm~7cmほどの大粒の砂利がおすすめです。

砂利粒が大きいと運動神経バツグンの猫でも歩きづらくなるため、立ち寄りづらくなるでしょう。

雑草対策や装飾目的・防犯目的の砂利の場合、どうしても小粒を選んでしまいがちです。

しかし、ノラ猫の多い地域の場合、細かな砂利に混じってウンチを見つけてしまい「ガッカリしてしまった……」という心労も考慮しなければなりません。

また、砂利は大粒よりも小粒のほうが価格が安いというケースもあり、おすすめする外構業者もいます。

猫の侵入だけでなく、糞尿で悩んでいる方は大粒の砂利の設置を一度試してみると良いかもしれません。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

地元の優良企業で「満点」の外構工事をする方法

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、住宅エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう

大粒の砂利のデメリット

電卓と財布を持って不安な顔をしている女性

大粒の砂利のデメリットは、通常の細かな粒の物よりもお値段が張るという点と、猫の侵入を100%防ぎきれるとは限らないという点です。

前述の「猫回れ右びっくりスプレー」のメーカー希望小売価格は4000円ほどですから、実は大粒の砂利と価格がそこまで変わらないと言えます。

砂利を導入するか忌避剤を導入するかは、その人それぞれの好みがあるでしょう。デメリットをよく考慮したうえで取り入れるのが一番です。

どうしても心配な場合はその他の猫侵入グッズと併用を

砂利だけで本当に猫が来なくなるのか不安がある場合は、大粒の砂利と猫侵入グッズの併用もおすすめです。

例えば、トゲトゲのついた「猫よけここダメシート」などのようなトゲのついたマットが販売されています。

忌避剤をはじめとする薬剤を使わない方法の場合は、砂利と猫よけ対策グッズの併用により猫が来たくなくなるお庭を作り出すのが最善です。

外構、造園業者が5つのステップで元請けになる方法

次のページを見れば、元請けとして個人客を集客し、元請けとして仕事をして、自分の会社の仕事は自分で100%コントロールする、その方法を記載しています。

>>職人でもできるオンラインで個人のお客さんを集める秘訣

猫の侵入を大粒の砂利で対策すべきおすすめの方

猫の侵入対策に大粒の砂利の導入をおすすめできる方は、以下の通りです。

  • ノラ猫が多い地域にお住まいの方
  • 猫に対して忌避剤を使いたくない方
  • 自分も猫や犬を飼っている方
  • とにかく忌避剤など薬剤を使いたくない方

まとめ

猫の侵入防止対策として、最近では様々な忌避剤が登場していますが、一方で猫の侵入に悩んでいるにもかかわらず侵入防止グッズを使い渋っている方も一定数存在します。

猫の侵入に悩んでいながらも侵入防止グッズを使い渋っている方にこそ、猫が歩きづらい大粒砂利による侵入対策がおすすめです。

砂利の粒の大きさを変更するだけでも、猫が嫌がる環境を作り出せます。また、砂利だけで心配である場合は、トゲトゲのついたシートを併せて設置することもおすすめです。

猫は自分が快適だと思う環境に居ついてしまう傾向にあります。人間が暮らすのに差支えない環境かつ猫が嫌がる環境を意図的に作り出すことこそ、猫侵入対策の第一歩です。

【こちらの関連記事もご覧ください】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です