【実は明るい間接照明】外構に間接照明を取り入れよう

【実は明るい間接照明】外構に間接照明を取り入れよう

外構の照明には様々な種類が存在しますが、中でも最近人気を集めているのが間接照明です。

直接光を照らさず、ぼんやりした明かりを照らすことで、おしゃれな雰囲気を醸し出してくれる間接照明は、外構に取り付ける照明として非常に使い勝手が良いアイテムです。

今回は外構に取り付ける間接照明について紹介してきます。この記事を読んで、間接照明のメリットを知り、是非とも外構の照明に取り入れてみてくださいね。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

間接照明とは?

間接照明

ではまず間接照明について、おさらいをしていきましょう。間接照明とは、光を壁や床などに当てて、そこに反射した光で空間を間接的に照らす照明のことを指します。

特徴としては、直接光を照らすより眩しくないので、柔らかく暖かい光になることです。さらに影もできにくくなるので、空間に奥行き・広がりを見せたいときにも使える照明といえます。

空間の演出効果を期待できるメリットの一方で、明るさはあまりないので、生活光としては使いにくいというのがデメリットになります。

「雰囲気のある庭にしたい」「幻想的な庭を演出したい」など、外構を演出的に仕上げたいという人にぴったりの照明と言えるでしょう。

////

間接照明の使い方とは?

間接照明のある家

では庭で間接照明を使う場合、具体的にはどう使用すればよいのでしょうか?次は具体的な使用例をシーン別に紹介していきます。

壁面→柔らかい雰囲気を演出

外構の壁面に間接照明を入れることで、ほんのりとした明かりを照らすことができ、柔らかい雰囲気の庭を演出することができますよ。

さらにライトの本体を見えないように設置すれば、光が軽減されてさらに温かい空間を演出することができます。

門柱→眩しさを抑えてほのかに演出

外からよく見える門柱の照明は、出来る限り周囲から悪目立ちしないように眩しさを抑えたいところですよね。「でもせっかく見えるところなら、そこもしっかり演出したい」と思っている人も少なくありません。

そんな人にとって間接照明はまさにうってつけのアイテム。門柱の壁に光を当てて反射させれば、光を抑えつつも美しい門柱を演出することができますよ。

庭の草木→目立たせたい樹木を厳選し、主張させる

庭に植えた自慢の樹木を目立たせたいのであれば、間接照明はベストアイテムと言えるでしょう。

下からスポットライトのように照らすことで、その樹木を際立たせることができます。その際のポイントは、光源をうまく隠すということです。

光源を見せなくすることでライトの明るさが軽減され、幻想的な光を演出できるようになるでしょう。

庭の階段→安全対策としても有効活用できる

階段のステップごとに間接照明を取り入れると、美しい空間を演出できるのはもちろん、転倒などの事故防止にも繋がります。

夜間などの暗い時間帯のことを考えると、このような安全面が考慮された照明を取り付けておくこともおすすめですよ。

////

地元の優良企業で「満点」の外構工事をする方法

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、住宅エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう


このような外構や庭には、こんな使い方がおすすめ!

ポインティングしている女性

ひとくちに間接照明と言っても、色味だったりアイテムだったり、その種類は様々です。違いがわからないまま、手あたり次第に照明を取り付けても、せっかくの外構をきれいに演出することはできません。

美しい空間を演出したいのであれば、自分の庭や外構の雰囲気に合わせた照明を取り付けていきましょう。

そこで次は、雰囲気に合ったおすすめの間接照明の使い方を外構のタイプ別に紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

和テイストの外構の場合→暖かな色味の照明がおすすめ

盆栽や松の木などが設置されているような、和風の雰囲気を醸し出す庭の場合は、暖かく柔らかい色味の照明を取り付けると良いでしょう。

和風の庭の場合は、パキッとした白色の強い光よりは、ぼんやりとした暖色系の光の方が雰囲気を演出することができます。

また、日本古来からある樹木は背の低いものが多いため、照明をそれに合わせて低めの位置に設置すると良いですよ。

洋風でモダンな外構の場合→白色系の照明がおすすめ

洋テイストでモダンな外構には、白色系の照明でかっこいい空間を作り出すと良いでしょう。

モダン住宅は白や黒といったモノトーン調の外壁や門柱が多く取り入れられています。そのような住宅の場合は、照明も強めの白色光にすることで、住宅全体をよりスタリッシュに演出することができるようになりますよ。

外構、造園業者が5つのステップで元請けになる方法

次のページを見れば、元請けとして個人客を集客し、元請けとして仕事をして、自分の会社の仕事は自分で100%コントロールする、その方法を記載しています。

>>職人でもできるオンラインで個人のお客さんを集める秘訣


おすすめの間接照明アイテム3選

1,2,3の旗

間接照明の使用方法などを紹介してきましたが、良い空間を演出するには、良いアイテムを選ぶ必要があります。

あまり考慮せず安易的にアイテムを選んでしまうと、想像していた庭造りから遠ざかってしまう可能性がありますよ。

次は外構を美しく演出してくれるおすすめの間接照明を紹介していきますので、ぜひ照明選びの参考にしてみてくださいね。

屋外用ローボルトLEDライト

庭の樹木を際立たせたいときにおすすめの差し込み型LEDライトです。暖かい空間を演出するのにぴったりの柔らかな色味、さらに程よい光量なので、一般住宅で使うにはぴったりのアイテムですよ。

ライン型LEDライト

壁面や階段などにおすすめのライン型LEDライトです。照明の角度を調整することができるので、お好みの光の当て具合に変えることができますよ。

シンプルなバーライト

屋外に設置可能なバーライトです。横向き・縦向きどちらにも対応可能で、庭の雰囲気に合わせて壁に取り付けることができるアイテムです。間接的な明るさで、庭や空間に奥行き感を出してくれますよ。

【こちらの関連記事もご覧ください】

外構に間接照明を取り入れて、美しく演出しよう

間接照明

間接照明には様々な特徴がありますが、「空間の演出能力が高い」という点が1番の特徴と言えるのではないでしょうか。

照明の種類はたくさん存在しますが、その中でも間接照明は照度が低いライトにあたります。光を主張し過ぎないという点がほのかな光を生み出し、幻想的な雰囲気を醸し出してくれ、庭をおしゃれな空間へと変貌させてくれるのです。

「庭や外構では雰囲気を重視したい」という人にとって、間接照明はまさにうってつけのアイテムと言えるでしょう。

お問い合わせ

まとめ

間接照明の用途やおすすめアイテムなどを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

間接照明は庭のテイストを限定せず、美しい演出をしてくれる照明です。光の色味や照度によっても雰囲気がガラリと変わるのも魅力のひとつ。自分好みの色やアイテムを考えて、美しい庭を演出してみてくださいね。

【こちらの関連記事もご覧ください】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。