折り畳みのガーデンテーブルおススメの商品をご紹介

折り畳みのガーデンテーブルがあれば、バーベキューの時やちょっとしたお茶の時間に使えて便利そうだけど、種類が多くて選べないという方もいるのではないでしょうか。

折り畳みのガーデンテーブルは、使わない時に少ないスペースでも収納しておくことができる便利なアイテムです。

ガーデンテーブルは、素材や形状などそれぞれに特徴を持った商品があります。

その中から、使いやすくて家の雰囲気に合った折りたたみ式ガーデンテーブルを手に入れるために、今回は折りたたみ式ガーデンテーブルの選び方や、おススメの商品をご紹介していきます。

気に入ったものがあれば、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

【こちらの関連記事もご覧ください】

折り畳み式ガーデンテーブルの使い方

庭やベランダに出て、外の空気を吸いながら過ごすために、便利に使える折り畳みのガーデンテーブル。

一箇所で使うということも良いですが、せっかくお気に入りの折り畳み式ガーデンテーブルを手に入れたからには、活用していきたいですよね。

ここでは、折り畳み式ガーデンテーブルの使い方をご紹介していきます。

庭で使う

戸建てにお住まいで、折り畳み式ガーデンテーブルを検討している方は、まず庭で使用することをお考えなのではないでしょうか。

庭の植栽を見ながらお茶をしたり、お手入れしながらちょっとした休憩を取る場所として、折り畳みのガーデンテーブルが活用できます。

また、物を置く場所としても使えるので、車やバイクのメンテナンスをする際に、ちょっとしたものを置いておけるスペースとしても使うことが可能です。

折り畳めれば、物置の中にも収納しておくことができるので便利に使えます。

ウッドデッキで使う

リビングの延長線上にあるウッドデッキにガーデンテーブルがあれば、バーベキューをするときの調理台や飲み物を置いておくためのテーブルとして使うことができます。

また、折りたたみ式のガーデンテーブルであれば、必要な時に出せば使えるので、洗濯物を干すときの台としても機能します。

ちょっと一休みしたり、夕涼みをしたりするのにも、ガーデンテーブルは活躍します。

オープンテラスのカフェ気分を味わえるので、気分転換にもなりますよね。

バルコニーやベランダで使う

バルコニーやベランダで、折り畳みのガーデンテーブルを使いたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

コンパクトな折り畳み式ガーデンテーブルであれば、そんなに場所をとらず、収納も少ない場所ですみます。

集合住宅の場合、バルコニーやベランダは共用部分なので、一般的に大きいものを置いたり常設してはいけないというルールがあります。

折り畳みのガーデンテーブルであれば使わないときには収納できるので、ルールに沿った形であれば、休日にのんびりと外の空間で楽しむことができます。

また、星や夜景を見ながらお酒を飲んだり、会話を楽しんだりとガーデンテーブルを挟んで楽しむことも可能です。

そして、戸建住宅でも庭で使用しつつ、気分を変えてベランダや屋上など、いつもと違った気分で使うこともできます。

軽量な折り畳み式ガーデンテーブルであれば、持ち運びも楽にできるので、移動する場合には軽いものがおススメです。

リビングで使う

折り畳みのガーデンテーブルは、ホームパーティーのときの補助テーブルとしても使うことができます。

人数の多いパーティーの際に、お皿やグラス、食事を置いておく場所としてや、料理する際に食材を置いておく場所として使うことも可能です。

また、日常でもリビングの窓際にガーデンテーブルとイスを設置して、景色を見ながらお茶や食事をするといった楽しみ方もあります。

ローテーブルが一つあれば、子供がお絵かきをする机としても使うことができます。

折り畳めて収納ができるので、普段は広々としたリビングで過ごすことができるのも利点ですね。

アウトドアで使う

折り畳み式のガーデンテーブルであれば、外に持っていってピクニックやバーベキューで使うこともできます。

違う景色を楽しみたいときや、外の空間でのんびりと食事をしたい時に、折り畳み式であれば対応することができます。

また、水に濡れても大丈夫なガーデンテーブルであれば、キャンプにも持っていくことができます。

なるべく物を減らしたいという方は、キャンプ道具としても使うことで一石二鳥の使い方も視野に入れておきましょう。


折り畳み式ガーデンテーブルの選び方

快適に使っていける、折り畳みのガーデンテーブルを手に入れるための選び方を見ていきましょう。

ガーデンテーブルを使っていく上で、重視するポイントをあらかじめ考えておきましょう。

ガーデンテーブルに使える種類

基本的には、テーブルの機能があるものであれば、ガーデンテーブルとして何でも使えます。

ただし、折り畳めて移動ができたり、ベランダやバルコニーで使う際には重量の問題もあります。

コーヒーテーブルやアウトドアテーブルなどは、コンパクトで軽量なので、ガーデンテーブルとして活用することができます。

また、地面に近いロースタイルでゆったりと過ごす場合は、スツールがテーブルになるものや、ちゃぶ台などもガーデンテーブルにすることができます。

ガーデンテーブルという名前にこだわらずに、使い勝手が良いもの、デザインが良いものを主体に選んでいきましょう。

素材で選ぶ

折り畳みのガーデンテーブルは、大きく分けて3つの素材を使ったものがあります。

それぞれの特徴を知ることで、使用したいガーデンテーブルを選んでいきましょう。

木製

折り畳みのガーデンテーブルで木材を使用したものは、温かみがあり柔らかい質感を持っています。

天板と脚が木材でできているものと、天板だけ木材で脚は金属製という2種類があります。

使用している木材によって、耐久性や重さなどが変わりますが、加工しやすい素材のため、メンテナンスもしやすい特徴を持っています。

また、木製の折り畳み式ガーデンテーブルは形状もさまざまで、気に入ったデザインのものを探しやすいという面もあります。

すべて木製でできているガーデンテーブルは、雨などで劣化してしまいますが、折り畳みであれば出し入れが基本となるので、長く使用していくことがっできます。

ナチュラルさや、欧風の雰囲気を出したい場合におススメの素材です。

金属製

頑丈で耐久性が魅力の金属製のガーデンテーブルは、スチールやアルミ、ステンレスなどの素材を使用しています。

折り畳みのガーデンテーブルの場合、持ち運びが楽にできるように、アルミ製のものが多く見られます。

アルミは耐候性が高く、雨など水に濡れてもサビませんが、汚れを付着させたままの状態では、そこから腐食が始まる可能性があるので、注意が必要です。

スチールは、重みがあり見た目も重厚さがあります。水分に弱く、塗装がはがれてしまった部分などから腐食していきます。

ステンレスはサビにくく、耐候性の高さを持っていますが、アルミよりも重く携帯性が低い素材です。

それぞれに特徴がありますが、素材自体強いため、フレームを細くすることができます。

シンプルな見た目にできるので、スタイリッシュな形状にもすることができます。

樹脂製

軽くて丈夫な特徴を持つ樹脂製のガーデンテーブルは、持ち運びが楽にできるので、準備や片付けが簡単にできます。

また、汚れたときには水で丸洗いできるので、きれいな状態で長く使っていくことができます。

樹脂製の中でもFRPは、耐候性もあり強度もあるので、据え置きで使っていくことも可能です。

それから、樹脂と木粉を混ぜた人工木を使ったガーデンテーブルは、樹脂の耐候性と木の柔らかい見た目を併せ持っています。

天板は樹脂を使い、脚やフレームに強度を高めるためアルミを使用したものなど、さまざまな種類があります。

とにかく軽量なガーデンテーブルが欲しいという方におススメです

サイズで選ぶ

まず、ガーデンテーブルを使用する場所や、使う人数で大きさを決めていきます。

場所に対して大きすぎるガーデンテーブルは、動きづらさにも繋がってしまうため、ベランダなどで使用する場合には特に気をつけて選ぶようにしましょう。

また、ガーデンテーブルを囲む人数を考えるようにしましょう。

日常的に使う人数だけで、パーティーなどのお客さんは含めないようにします。

頻繁にパーティーをする家の場合、同じテーブルを用意するといいでしょう。

日常的に使うときにはひとつだけ出して、お客さんが来たときには他のテーブルも出すといった方法が使いやすいでしょう。

そしてテーブルの高さですが、一般的な高さのハイスタイルか、近年キャンプでも流行ってるロースタイルに分けることができます。

ハイスタイルの場合、普段使っているテーブルやイスのように使うことができ、たったままテーブルの上のグラスをとったりすることができます。

ロースタイルの場合、地面に近いので、安定感や安心感があります。ただ、テーブルが低いので、立っているときに物をとったり置いたりしたい場合に、腰をかがめなくてはなりません。

折り畳みのガーデンテーブルを選ぶ前に、どういったサイズやスタイルのものが使いやすいか、メジャーを使って測りながらイメージすることをおススメします。

【こちらの関連記事もご覧ください】

  1. ベランダに目隠しフェンスを取り付けたい。費用と方法をご紹介
  2. ベランダを自作(DIY)する方法
  3. オシャレなイングリッシュガーデンの作り方

持ち運びやすいものを選ぶ

折り畳みのガーデンテーブルは、出し入れがしやすいようになるべく持ち運びがしやすいものを選ぶましょう。

重さがあまりにありすぎるものだと、出し入れが億劫になってしまい、せっかくの折り畳み機能が無駄になってしまいます。

無理なく持ち運べる重さのものを選ぶことで、ガーデンテーブルをしっかりと活用していくことができます。

収納のしやすさで選ぶ

ガーデンテーブルを折り畳んで、収納する場所を考えてみましょう。

使用する場所のなるべく近くが良いでしょう。

その場所にテーブルを置くための高さや奥行きがどれくらいあるか、メモしておきましょう。

せっかく折り畳みのガーデンテーブルを買ったのに、収納できないということになってしまっては元も子もありませんからね。

また、家具と家具、家具と柱、ソファーの下、冷蔵庫の横など意外に収納スペースとして使えるところがあったりします。

折り畳んだてガーデンテーブルは立てかけておくこともできるので、収納場所をいくつかピックアップしておきましょう。

セットで選ぶ

ガーデンテーブルにはイスも必要です。もともとイスがある場合をのぞいて、イスも購入することになります。

折り畳みのガーデンテーブルには、イスとセットで販売しているものもあります。

セットの折り畳みイスが気に入れば、セットで購入することをおススメします。

ガーデンテーブルとセットであれば、統一感があるので、見た目的にも満足できるでしょう。

デザインで選ぶ

折り畳みのガーデンテーブルには、円形や四角、多角形などの天板を持ったものがあります。

テーブル選びではデザインで選ぶことも大切なポイントです。

天板の形や脚の形、それに色味や全体的なシルエットなど、おしゃれに思うデザインを持ったガーデンテーブルを選びましょう。

また、中央にパラソルをさせるテーブルもあるので、日陰を作りたい場合やそのスタイルが好きな場合は、チェックしてみるようにしましょう。

デザインで選ぶ際におススメなのが、テーマをあらかじめ考えておくということです。

カフェ風にしたいのか、欧風ガーデンのようにしたいのか、キャンプ場のようにしたいとか、テーマを決めることで自ずとふさわしいデザインを持つガーデンテーブルが目につくようになりますよ。

地元の優良企業で「満点」の外構工事をする方法

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、住宅エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう


折り畳みのガーデンテーブルおススメ商品

チークガーデンテーブル70cm・チェア2脚セット|balconystyle

チーク材を使用した折り畳み式ガーデンテーブルです。

耐久性の高さをもつチーク材を使用しており、木材の温かみや柔らかさを感じることができます。

無塗装なので、そのまま使っていくと色味がシルバーになっていきます。

色味を変えたくない場合は、塗装やオイルを塗ることで、汚れを防止することができます。

天板が八角形で、デザイン性も高いのが特徴です。

イスとセットなので、まとまりがあり、届いたその日から使用することができます。

また、ベランダでも使用できるコンパクトなサイズなので、場所を選ばず使用していくことができます。

  • テーブルサイズ:幅70cmX奥行70X高さ70cm
  • 重さ:約13kg
  • 椅子サイズ:幅46X奥行46X高さ90(SH44)cm
  • 重さ:約7kg
  • 素材:チーク無垢材
  • 価格:59,400円

ASKHOLMEN・テーブル+チェア2|IKEA

コンパクトでシンプルな折り畳みのガーデンテーブルです。

イス2脚がセットになっていながら、価格も低くコスパに優れたIKEAの製品です。

食器などでも使われるアカシアの無垢材を使用しているので、柔らかい印象を持っています。

サイズがコンパクトで、ベランダでも使用することができます。

専用のカバーを別途購入することで、ホコリ等からテーブルセットを守ることができます。

木材なので、定期的なメンテナンスが必要ですが、飽きのこないシンプルなデザインなので、長く使っていくことができます。

  • テーブルサイズ:幅60cmX奥行62X高さ73cm
  • 重さ:-
  • 椅子サイズ:幅36X奥行49X高さ87cm
  • 重さ:-
  • 素材:アカシア無垢材
  • 価格:7,999円

TÄRNÖ・テーブル+チェア2|IKEA

スチールの脚とアカシアを使用した折り畳み式ガーデンテーブルです。

シンプルな細身のシルエットで、飾りすぎずに設置する空間をおしゃれにすることができます。

収納時も平らにたためるのでコンパクトにでき、収納場所をとりません。

また、長時間座っても痛くないように、クッションをセットにした商品も選べるので、ゆったりと座っていたい方はそちらもおススメです。

ベランダにも設置でき、庭やウッドデッキでも出し入れしやすいので、シンプルでコンパクトなガーデンテーブルを考えている方はチェックしておきましょう。

  • テーブルサイズ:幅54cmX奥行55X高さ70cm
  • 重さ:-
  • 椅子サイズ:幅39X奥行40X高さ79cm
  • 重さ:-
  • 素材:アカシア無垢材、スチール
  • 価格:4,999円

サハラ テーブル|PATIO PETITE

樹脂でできた人工ラタンを天板に使用し、脚にはスチールを使ったガーデンテーブルです。

人工ラタンは滑らかで手触りもよく、メンテナンスも簡単にできます。

アジアンテイストを取り入れたい場合におススメの製品です。

折り畳んだ際には、平らになるので、収納場所をあまりとりません。

別売りで座面と背もたれに人工ラタンを使ったイスもあるので、まとまった印象を取り込みたい際には購入を検討してみましょう。

場所を選ばずに使用することができ、ナチュラルな印象を設置場所に与えることができるガーデンテーブルです。

  • テーブルサイズ:幅61.5cmX奥行61.5X高さ66.5cm
  • 重さ:4.1kg
  • 素材:人工ラタン、スチール
  • 価格:9,629円

フィーカ|AZUMAYA

天板が二つ折になるので、人数に合わせてサイズを変えることができる、折り畳み式ガーデンテーブルです。

合板を使用しているので、木材にある狂いや動きを抑えているので、安定して使っていけます。

また、傷がつきにくいのも特徴で強度を持ち合わせています。

脚の広げ方が独特で、デザイン性も高い意匠を持っています。

ウッドデッキやリビングでのホームパーティーの際におススメです。

  • テーブルサイズ:幅120cmX奥行80X高さ72cm
  • 重さ:22kg
  • 素材:強化プリント紙化粧合板
  • 価格:16,026円

マンハッタン ・フォールディングテーブル|Only One club

円形の天板を持つガーデンテーブルで、大きさもあるので数人でテーブルを囲むことができます。

耐久性や耐候性が高いアカシア材を使用しているので、長く使用していけます。

また、テーブル中央にはパラソル穴があるので、そこにパラソルを差し込むことで日差しを避けながらゆったりとした時間を過ごすことができます。

庭やウッドデッキで使用することができ、欧風ガーデンの雰囲気やカフェのようなおしゃれな空間を作り出すことも可能です。

  • テーブルサイズ:幅100cmX奥行100X高さ74cm
  • 重さ:11kg
  • 素材:アカシア サンドペーパー仕上、パインオイル塗装
  • 価格:16,026円

THE TABLE 420 [OAK]|DOOGOO

ロースタイルのガーデンテーブルで、コンパクトにまとめられるのでキャンプでの活用もできます。

収納時には脚を外して、天板部分をくるくると丸めていくロール式になっています。

ローチェアと組み合わせて、地面に近い位置でのんびりとした時間を過ごすことができます。

ウッドデッキやバルコニー、屋上など広い空間でしようすると、キャンプ気分も同時に味わうことができます。

ロースタイル派におススメのテーブルです。

  • テーブルサイズ:幅85cmX奥行50X高さ42cm
  • 重さ:-
  • 素材:オーク
  • 価格:30,240円

Teak Folding Table 60|Q-STYLE

正方形のガーデンテーブルで、チークの無垢材を使用した高級感のある見た目が特徴です。

左右に天板を引っ張る形で折り畳む方式で、折り畳んだ後はフレーム部分が持ち手になるので、持ち運びのしやすさがあります。

サイズ感もよく、場所を選ばずに使うことができます。

別売りのチーク材を使ったイスと合わせることで、ナチュラルで高級感のある空間を作ることができます。

  • テーブルサイズ:幅60cmX奥行60X高さ70cm
  • 重さ:-
  • 素材:チーク無垢材
  • 価格:14,980円

折り畳み式ガーデンテーブルのまとめ

ここまでおススメの折り畳み式ガーデンテーブルをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ガーデンテーブルは、お茶や食事を外の空間で楽しませてくれます。

折り畳みであれば、使わない時に収納しておくことができ、庭やベランダを広々と使うこともできます。

また、雨や風、紫外線にあたる時間を最小限にすることができるので、ガーデンテーブルが劣化しにくく長く使っていけます。

今回ご紹介した内容を参考に、スタイルに合った折り畳み式ガーデンテーブルを手に入れてみてはいかがでしょうか。

【こちらの関連記事もご覧ください】