10万円で出来る、庭のリフォームはこれだ!

庭のリフォームを考えているけど予算はあまりかけられないし、10万円くらいでできないものかとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ずっと使ってきた庭の老朽化であったり、中古住宅を購入したけど庭が荒れ放題といった場合には、リフォームで庭をなんとかしたいものですよね。

庭リフォームをすれば、がらっと庭の雰囲気を変えることができ、気分的にもリフレッシュすることができます。

ただ、庭リフォームをするにしても10万円という予算内でどれくらいできるものかわからないし、実行に移せずに時間だけが過ぎているという状態になってしまうケースも多くあります。

そこで今回は庭リフォームを実行に移していくために、10万円で出来る庭リフォームについてご紹介していきます。

おしゃれで素敵な庭づくりの参考にしていただければと思います。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

庭をリフォームするメリット

庭をきれいにしたいと考えていても、それを実行に移すのにはいろいろと考える労力も必要です。

庭リフォームを実行に移していくために、リフォームのメリットについてまずは確認しておきましょう。

おしゃれな外観に出来る

庭リフォームは今ある庭の状態をすっかり変えることもできれば、ポイントをおさえつつおしゃれにしていくことも出来ます。

庭の状態は住宅の見え方にも大きな影響を与えます。

そのため、庭リフォームをしておしゃれな外観にすることができれば、敷地全体の見え方を変えることにも繋がります。

また、庭を整理された状態にすることで、新築時のような新鮮な状況にすることも出来るでしょう。

庭は予算に応じてリフォームできる

庭リフォームは住宅のリフォームとは違い、予算に応じて部分的なリフォームをすることが出来ます。

そのため、一度にまとめてリフォームする必要はなく、計画をたてて徐々にリフォームを進めていくことが可能になります。

少ない予算しか今はとれないから庭リフォームはお金が貯まってからという考えも出来ますが、少ない予算でも徐々にリフォームを進めていき、出来上がっていく庭を楽しみながら生活していくということも出来ます。


10万円で満足のいく庭リフォームをするには

庭をきれいにするためにリフォームを考えていると、どんなことに注意したらいいのかということが気になってきます。

10万円で庭リフォームをした結果、失敗ではなく満足という結果にするためにも大切なことです。

そこでここからは、庭リフォームをするためのポイントや注意点についてご紹介していきます。

庭リフォームは区分けから

庭を客観的に見てリフォームの優先度や必要な物を知るために、一度庭を分割してみて「ここはどうしたい」「あそこはどうする」というように考えてみましょう。

区切った場所にどんな問題点があるのか、どういうリフォームが必要かということを明確にしていくことが出来ます。

10万円という予算がありますが、庭の区分けで考えるときには気にせずに、思いつくことをすべて出していきましょう。

全体の調和も忘れずに

庭リフォームで注意したいのが、好きなデザインを好きなだけ配置してしまうと、逆に乱雑で見た目も使い勝手も悪い庭になってしまうということです。

庭づくりでは、庭と住宅、周囲の景観を含めてひとつのキャンバスとして見るようにしましょう。

空間があり、動線がイメージでき、全体の調和がとれていれば、おしゃれな庭にしていくことが出来ます。

また、洋風や和風など大まかなコンセプトも決めておいたほうが良いでしょう。

費用よりも外観と機能性

庭リフォームをするにあたって施工にかかる費用が気になる部分ではありますが、それよりも外観や機能性を重視するようにしましょう。

施工にかかる費用は業者や施工内容、グレードなどで変わるため、費用の安さにばかり目を向けてしまうと、質の悪い施工をされてしまう可能性もあります。

業者によっては材料費を削ったり、工程を少なくするなど手抜き工事を行うことで安く施工を提供する場合もあります。

外観や機能性についてしっかりと提案してくれたり、施工内容に関してわかりやすく説明してくれる業者を選ぶようにしましょう。

庭リフォームでは信頼できる外構業者選びというのも大切なポイントです。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

  1. 庭でキャンプを行う時に必要な便利道具をご紹介
  2. 庭でキャンプを楽しむおススメの方法
  3. 自宅の庭でバーベキューを楽しみたい!

外構工事をお得にする方法

「ガレージ施工は専門業者へ相見積りを取ろう」

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう


庭は将来的なことも考えてリフォームする

庭リフォームは庭が完成したらそう何度も行うものでもありません。

使いやすく考えられた庭というのは、手入れや管理をしていけば、長く使うことが出来るからです。

そのため、庭リフォームをする際には10年後など将来的なことを考えて行っていく必要があります。

例えば、子供が遊べるように砂場を作った場合、子供が大きくなれば必要なくなってしまいます。

将来的にその砂場はガーデニングが出来る花壇にすると決めておけば、配置する場所や周囲の植栽についても考えることが出来ます。

庭は住宅と同じように長く付き合っていくものです。

将来のことをイメージしてプランを考えていきましょう。


庭リフォームを10万円におさえるコツ

庭リフォームを予算内の10万円でするには、問題のある部分を優先的にリフォームしたり、部分的にリフォームを進めていくという形で行います。

もちろん、庭の広さや必要なリフォームの内容によっては10万円で行いたいリフォームをすべてを行える場合もあります。

それでは、10万円で庭リフォームをするためのコツについて見ていきましょう。

リフォームして改善したいことに目を向ける

10万円でできるリフォームには限度があるため、最も直したい部分、改善したい部分を優先的に考える必要があります。

庭の状態や庭を使う目的など、それぞれで優先的にリフォームしたい場所が違うと思います。

「花壇を作って季節の花が楽しめるようにしたい」「土の地面をなんとかしたい」「道路からの視線が気になる」など、それぞれの家で問題と感じている部分、目的などがあるでしょう。

そういったものから、優先的に予算10万円で庭リフォームをはじめていきます。

リフォームにかかる費用の知識を得る

庭リフォームを行う場合、100万円から150万円ほどが中心価格帯となっています。

リフォームの内容や庭の広さにもよりますが、庭のイメージを形にしていく場合のおおよその目安となるでしょう。

では、庭リフォームを予算10万円でする場合、どの程度まで出来るのでしょうか。

施工費用の相場からどの程度庭リフォームが出来るのか知ることができます。

まず、庭に人工芝を敷く場合、1平方メートルでおよそ10,000円が費用相場になり、10万円だと約10平方メートル人工芝を敷くことが出来ます。

また、花壇を作りたいという場合には、あまり大きいものでなければ花やレンガ土などを含めて10万円で花壇を作ることができます。

そして、庭リフォームでウッドフェンスを設置する場合、1メートルあたり30,000円から40,000円が費用相場になり、約3メートル程のウッドフェンスを設置することができます。

10万円で出来る庭リフォーム

10万円の予算を使って出来る庭リフォームについて見ていきましょう

庭の地面を10万円でリフォーム

庭の地面を改善したいという場合には、天然芝や人工芝、砂利などを使うとリーズナブルにすることが出来ます。

庭リフォームを天然芝で行う場合、1平方メートルあたり3,000円程度が費用相場となっています。

また、砂利の費用相場は1平方メートルあたり3,000円程度ですが、種類によっては価格が上がるため、できるだけ広い範囲に敷きたい場合には安価な砂利を選ぶようにしたほうが良いでしょう。

さらに、草むしりの手間を無くすために防草シートを下に敷く際にはその分の費用が必要になります。

そして、庭にアクセントをつけたい場合や植栽部分や通路などを区切るレンガを使用する場合、1平方メートルあたり7,000円程度が費用相場となっています。

庭が狭い場合にはある程度カバーできますが、広い庭の場合には配置やデザインを工夫する必要が出てくるでしょう。

花壇のある庭にリフォーム

庭を彩ってくれる花を植えるための花壇を作れば、これまでの庭の雰囲気を華やかにしてくれるでしょう。

レンガやピンコロなどで枠を作り、花壇の土や花が必要になります。

また、土が植物の生育に適していない場合など、土の入れ替えが必要になり、残土処分の費用がかかるケースもあるので注意しましょう。

それから、花よりも緑が多い庭にしたい場合には低木などの植栽を考えてもいいでしょう。

庭をにぎやかにすることができ、予算の10万円でもバランスよく植えることで庭の印象を変えることが出来ます。

ウッドフェンスを10万円で設置する

道路からの視線が気になるという場合にはウッドフェンスやラティスで目隠しします。

設置できる距離が限られているため、より効果的な場所に部分的に設置するなどの工夫が必要です。

立水栓の周りをインターロッキングにする

立水栓に限らずよく使う場所で、足元をしっかりとさせたい場合に部分的にインターロッキングで舗装をすれば、安定して作業することが出来ます。

インターロッキングブロックは見た目的にもデザイン性があり、庭のアクセントとしても効果を発揮します。

庭リフォームを自分でやってみる

時間や手間がかかりますが、庭リフォームを自分でやってみることで、10万円を材料にすべて使う事が出来ます。

ただし、庭の広さに関係なく作業は大変なものになるので、耐力に自信がなかったりDIYをあまりやったことがないという方にはオススメできません。

また、庭リフォームでどういったことがしたいのか、それに必要な道具はどういったものか、それを揃えるためにはいくらかかるのかなど、しっかりと準備をしないと、結果業者に頼んだほうが良かったという後悔に繋がってしまいます。

庭リフォームをDIYで行う場合には、リフォームの方法や必要な道具、かかる費用、最後まで自分でできるのかなどしっかりと考える必要があります。

10万円で庭リフォームまとめ

10万円で出来る庭リフォームについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

庭リフォームはポイントをおさえておくことで予算10万円でも行うことができます。

どうしてもプランが決まらない、迷ってしまってどうしていいかわからないという状態になってしまったら、外構業者に一度相談してみましょう。

経験豊富な外構業者であれば、予算や内容、将来的なプランなどをまじえて提案してくれます。

機能的で整った外観を持った庭は、明るく風通しのいい空間になります。

庭リフォームをしたおしゃれで素敵な場所でのんびりとした時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です