ホームセンターの商品で出来るオシャレな庭作り

ホームセンターの商品で出来るオシャレな庭作り

ホームセンターの商品でオシャレな庭づくりを!

外構としていろんなデザインを楽しめる庭づくりですが、ホームセンターの商品を使えば誰でも簡単にできます。

ここでは手軽に購入できるホームセンターの外構素材を使って、どのような庭づくりができるのかを紹介します。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

ホームセンターで購入できる外構素材

ホームセンターと青空

まずはホームセンターの商品からオシャレな庭づくりに使えるアイテムをチェックしておきましょう。

レンガ

レンガはホームセンターで簡単に入手できる外構素材です。

何かと使えますし、置いておくだけで絵になることから、オシャレな庭づくりには欠かせないアイテムだと言えます。

種類はそう多くないため、商品選びに迷うこともないでしょう。色合いが違うものがあるので、庭の雰囲気に合わせて選べます。

小道など並べる場合にも、いろんな並べ方があります。オーソドックスなランニングボンドやオシャレなヘリボーンなど、デザインを楽しむこともできます。

砂利

砂利

砂利もホームセンターの商品の中では手軽に購入できる外構素材です。種類も豊富なので、庭の雰囲気に合うものを選べます。

たとえば和風な雰囲気の庭づくりには白黒の砂利がおすすめです。

イングリッシュガーデンのようなナチュラルな雰囲気にするのであれば、明るい色の砂利がよいでしょう。

サイズも小さな砂利であれば繊細な雰囲気になりますし、大きめのサイズであればナチュラルテイストになります。

また形も丸みのある砂利を使えば和風に、角がある砂利を使えば洋風になるので、いろいろとデザインを楽しめます。

デッキ材

ホームセンターの商品には何かと利用できる「デッキ材」があります。

これは庭づくりの場合にはフェンスやウッドデッキなどに使用できます。

サイズはいろいろありますが、たとえば145×30×2700(mm)のものが4,000円ほどで販売されています。

デッキ材の材質はいろいろありますが、ホームセンターでは耐久性の高い「人工木」の商品を置いています。

天然木であればソフトデッキ材とハードデッキ材の2種類から選べます。

ガーデンライト

ホームセンターにはさまざまなガーデンライトが販売されています。

ソーラーパネルを備えたライトであれば、電源を確保する必要がないので簡単に活用できます。

植物や家の外壁に向ければ、オシャレな間接照明として活用できます。

シンボルツリーを下から照らすのもよいでしょう。アイデアしだいでオシャレな庭づくりに活用できます。

【こちらの関連記事もご覧ください】

////

ホームセンターの商品を活用したオシャレな庭づくり

庭 小道 レンガ

それではホームセンターで購入できる商品を活用した、オシャレな庭づくりの例を紹介します。

レンガを活用する

まずはホームセンターで購入できるレンガを使ったオシャレな庭づくりを紹介します。

小道

庭でガーデニングを楽しむ人は、オシャレな小道を作ってみてはいかがでしょうか。レンガを使うことでイングリッシュガーデンのような雰囲気になります。

用意するのはレンガのほかに砂と砕石です。できれば転圧機をレンタルしておきましょう。

小道の作り方は簡単です。まずレンガを置く部分の土を10センチほど掘り下げて、3センチほどの高さで砕石を敷きます。

その上に砂を2センチほどの高さに敷いて転圧します。転圧機がなければ足で踏んで固めていきます。

その砂の上にレンガを置きますが、水平を取りながら並べていきます。最後にレンガ同士の目地に砂を入れたら完成です。

花壇

レンガ 花壇

レンガを使って簡単にオシャレな庭にできるものといえば「花壇」です。ガーデニングをする人なら、手軽に作れるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

用意するのはレンガのほかに砕石とモルタルです。モルタルは砂を7とセメントを3の割合で混ぜ、水を加えて練っておきます。

レンガもモルタルがなじむように水を吹きかけておきます。

まずはデザインを決めてから、レンガを置く部分に10センチほどの溝を掘ります。その溝に5センチほど砕石を入れて木材などを使い突き固めておきます。

砕石の上から水をかけたら、練っておいたモルタルをレンガ2個か3個分だけ溝に入れてレンガを置きます。

レンガを並べて置いたら水平を取り、傾いていたら上に板を置いて軽く叩き修正します。目地(レンガ同士の隙間)のモルタルは多少多めにしておき、あとで調整します。

同じように2~3個ずつレンガを並べていき、1段目が完成したら2段目と続けていけば完成です。

円形の花壇を作る

庭の中央にレンガを使って円形の花壇を作るのもオシャレです。その周りにアプローチを作るのもよいですし、あるいは砂利を敷き詰めるのもよいでしょう。

花壇のかわりにシンボルツリーを植えるのもオシャレです。スポットライトで照らせば、夜の庭をリビングから楽しむこともできます。

砂利を活用する

次にホームセンターの商品として手軽に購入でる砂利を活用してみましょう。

小道周りに敷く

敷石などの小道周りに砂利を敷けば、日本庭園風のおしゃれな雰囲気になります。

この場合には小道に敷石を使えば、より和風な雰囲気になるでしょう。その際には雑草対策として防草シートを敷いておきます。

砂利の隙間から雑草が生えると、メンテナンスの手間がかかるからです。

日本庭園風にする

白い砂利を使えば、それだけで日本庭園風になります。アクセントとして人工芝を使えば、砂利とのコントラストも楽しめます。

あるいは植栽に砂利を敷くことでスタイリッシュな雰囲気を醸し出すこともできます。シンボルツリーと組み合わせてもよいでしょう。

デッキ材を活用する

テーブルとイス

ホームセンターで購入できる商品、デッキ材を使ってのオシャレな庭づくりを紹介します。

ガーデンテーブルをDIY

ホームセンターで購入できるデッキ材を利用してガーデンテーブルをDIYできます。

デッキ材は天板として使用し、ほかに加工しやすいSPF材を脚用と天板の補強用に購入します。天板の下に設置する枠を作り、その枠に脚を取り付けます。

そして枠に天板を乗せてビスでとめます。天板が長い場合には脚を6本にすると安定します。最後に防腐剤を塗って乾燥させれば完成です。

ウッドデッキをDIY

ホームセンターで購入できるデッキ材の種類はそう多くないかもしれません。

しかしウッドデッキに使用するのであれば、「ハードウッド」を探す必要があります。加工は大変ですが、耐久性が高いので安心して使用できるからです。

無難なのは耐久性が高い人工木によるデッキ材でしょう。

ウッドデッキを自作するにはほかに土台となるコンクリートブロックと「根太」の枠を作るための角材が必要になります。

角材を使って基礎となる「根太」を組み、コンクリートブロックの上に仮置きして水平をとります。

次にコンクリートブロックの周りの土を掘って砕石を入れ、突き固めておきます。砕石の上をモルタルで固めれば、より頑丈になります。

あとはコンクリートブロックに根太を設置し、根太に支柱を取り付けて床板となるデッキ材を取り付ければ完全です。

////

地元の優良企業で「満点」の外構工事をする方法

外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、住宅エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。

理由は
ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる
・業者によって得意分野が異なる
・優れた業者、相性の良い業者が見つかる

希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。

外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。

>>地元の優良企業から相見積もりを取ろう


まとめ:工夫すればホームセンターの商品でオシャレな庭に

ホームセンターで手軽に購入できる商品を活用すれば、オシャレな庭づくりができることがわかります。

費用もそれほどかけることなく、花壇のようなワンポイントに活用してもよいでしょう。

同じ商品でも素材や色合いなどにより雰囲気が変わるので、デザインをいろいろと楽しんでみることをおすすめします。

【こちらの関連記事もご覧ください】